MotorCycle Diary And More | 『ZZR1400』 『XR250』 と暮らす日々の日記

タンクの錆取り その2

その2として記事にするほどの内容ではないのですが、花咲かGのタンク
クリーナーで作業をする人が検索して引っかかるかもしれないので
書いておきましょうw

一晩漬け込んだタンクからクリーナーを排水。

水道ホースでタンクに残った錆を外に出して
(ほとんど出ませんでしたが・・・)
別途、取り置きしていた1リットルのクリーナーをタンク内にいれて
満遍なくタンク内に付着させてコーティングをします。

IMG_1464_convert_20100324170854.jpg
その後クリーナーを容器に戻して、暖かい所でしっかりタンクの水切りをします。

IMG_1465_convert_20100324170932.jpg
花咲かGのタンククリーナーは何度か繰り返して使えるらしいので
bianchiさんウチのモンキー用に養生して保管ですm(__)m

タンクがしっかりと乾いたら、まずはガソリンを少しいれてタンクを
またまたシェイクし、さらにゴミを取り除きましてガソリンを捨てて
作業終了w

IMG_1467_convert_20100324171012.jpg
タンクをガソリンで満タンにして錆るのを防止しながら、復活の日まで
ガレージ内にて保管されるのであります。





スポンサーサイト

Posted by バル1400 on  | 2 comments  0 trackback

2 Comments

bianchi@道東 says..."あざ~っす!"
まずはオイラが参考にさせてもうらよんφ(●_● )

処理に時間と手間がかかりそうなんで
近いうちにポリタンクで液を借りにいきまっす。
2010.03.24 20:34 | URL | #7nflydWA [edit]
バル1400 says...">bianchiさん"
なかなか時間が掛かりますので持って帰った方が
良いかもしれないですね~

思ったより錆てなかったのか、液は全然汚れなかった
のでモンキーの方がクリーニングし甲斐あるかもw


2010.03.24 21:21 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://motorcyclediary1400.blog37.fc2.com/tb.php/65-68b1d7d5
該当の記事は見つかりませんでした。