MotorCycle Diary And More | 『ZZR1400』 『XR250』 と暮らす日々の日記

チンク、2回目の車検を受ける

前回のユーザー車検(自動車の部)初挑戦からもう2年も経ったんですね。

今回は知り合いの整備工場へ出しますが、車検に出す前の下準備作業をしておきましょう。
冬の車検と言えば鬼門はこちら、

DSC04505_convert_20170115102634.jpg

純正ホイールのセンターキャップ外しがあります。


DSC04506_convert_20170115102644.jpg

外す時の為に切り込みが付いているのですが、一カ所しかないのでこじった反対側の爪が折れやすいです。
冬季の作業とイタリアンプラスチッククオリティの問題も相まって折れやすいってのもあるかと。

前は2個をダメにしてしまい、2500円×2個の無駄な出費となったので慎重に作業した今回の結果は
1個の被害で済みました(笑)

その一個も完全に折れたわけじゃないのでなんとか騙し騙し使えそうかなーと。


そして前回同様なぜか、

DSC04508_convert_20170115102652.jpg

ホーンのヒューズが切れてました。
自分の車ではないのでいつから切れていたのか全く解らないのですが、とりあえず交換して車検を
通してしまいます。


上記の下準備以外は整備工場へお任せです。
気になった箇所を調整してもらってとりあえずは車検を通してしまい、交換が必要なものがあったら
それから対応することにしました。





車検からチンクが戻ってきて問題が数カ所発覚・・・

指摘された箇所の最大の面倒事はリアウィンドウのデフォッガースイッチが作動しないことが判明。

DSC04503_convert_20170115102615.jpg

ヒューズボックスを調べてもデフォッガーのヒューズは切れてないので、これは面倒なトラブルが起きたなと
ネットで調べましたが、同じようなトラブルの事例が見つからず、ディーラーの営業さんに相談すると、

「ヒューズも切れてないなら単純にスイッチの玉切れの可能性が高いと思います。前例もあります。」

なるほど、そんな単純な問題だとしたら解決も簡単で嬉しい限り!!


早速、一晩外へ置いて窓を凍らせてからエンジンをかけて反応のないスイッチを押して数分後、

DSC04502_convert_20170115102603.jpg


あ、溶けてる笑


朝一なので寝ぼけて思いっきり自分も写り込んだ写真を撮ってましたが、これは単純な部品交換で済むので
一安心です。

自分の車なら乗ってるうちに気づいていたかもしれませんが、盲点でした笑

このままでも使えないわけではないですが、やはりランプは付いた方が良いので交換することにしましょう。



残りは、

・フロントブレーキパッドが残量厳しいので交換が必要

・ローターの減り、塩害による腐食が深刻なのでパッド交換に伴いローターも要交換

・ブレーキフルード交換

あとは消耗品なので部品を取って交換するだけなので気分も楽です。


では、部品を手配してやりましょう!!

スポンサーサイト

Posted by バル1400 on  | 2 comments  0 trackback

2 Comments

HAL says...""
輸入車はブレーキ周りは着実に消耗するね。

素朴な疑問としてディーラーのメカニックは折らないで外せるの?
2017.01.16 08:56 | URL | #7nflydWA [edit]
バル1400 says..."そこはさ"
>HALさん

フィアットのメカニックたちは、このセンターキャップを割らずに外せるようになったら
一人前と認められるようですよ。


はい、ウソです。



まず少しだけ浮かせて全体的に少しずつ隙間を作って平行に引っ張れば
折れないらしいです

隊長がマスターしましたが、過去に2個折ってますw

2017.01.16 20:59 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://motorcyclediary1400.blog37.fc2.com/tb.php/452-cbd2a380
該当の記事は見つかりませんでした。