MotorCycle Diary And More | 『ZZR1400』 『XR250』 と暮らす日々の日記

西日本ツーリングその3


・6月14日(火)

DSC_0634_convert_20160715152642.jpg

昨夜、十分な睡眠を取ることができたので体力もしっかり回復し、早朝より行動を開始!!

ざっくりとした予定として四国を堪能してから中国地方へと移動するつもりですが、考えていたのは香川県から
瀬戸大橋で北上ルートではなく、愛媛県のしまなみ海道から北上するつもりでいました。

なので時計回りで四国四県を回る為には先に香川県を消化してしまう必要があります。
徳島市で一泊しておいてなんですが、改めてまた訪れる予定なので本日は香川県まで移動をしちゃいましょう。


nishi_map07.png


これが大まかに走ったルートなのですが、改めて見ると無茶苦茶な無駄移動(笑)

一応言い訳をするならば、昨日の経験から大きい国道を朝の通勤時間と被る時間帯に走るのはしんどいと思ったのです。

昨日、鳴門北ICから徳島市内を走って思ったのは、はっきり言って北海道民(田舎生息)には耐えがたい車の
流れの悪さに正直うんざりしてしまったんですよ・・・

それなら、のどかな県道をまったりと走りながら香川県を目指す方が良いのではなかと、ルートを小さい道チョイスで
進めていったのですが、それはそれで四国さんの洗礼を受けることになりました。


北海道民の皆さん、カルチャーショックの準備いいですか?

 

MAH00299(1)_convert_20160715153753.jpg

県道をチョイスすると、こういった町の路地のような道へ誘われて行きます・・・

住宅の間を進んでいくとその先でこうなりますよ。


MAH00299(2)_convert_20160715153812.jpg

はい、ぼくの進むべき道は右なので、明らかに薄暗い方へ嫌でも進みますよ・・・



MAH00299(3)_convert_20160715153849.jpg

曲がってすぐこれです・・・

側面のブロックどうした??おい??なんでそんなに緑なんだ??



MAH00299(4)_convert_20160715153902.jpg

あとは永遠、こんな道をクネクネと登って降りるだけなんですねー

見たらわかりますね?バイクのラインとしては真ん中もあるんですが、杉の道なんで真ん中滑りますよー
コケも生えてる区間ありますからね当然それも滑りますよ、ハハハ・・



DSC_0640_convert_20160715152748.jpg

DSC_0639_convert_20160715215103.jpg

なんじゃココwww




とまあ、初めてだったんでびっくりしてたんですが、その後の四国ツーリングでわかったことがあります。


この道なんてまだ良い方でした(笑)


MAH00302(1)_convert_20160715154137.jpg

無事に国道318号線へ抜けて、たらいうどんゾーンを進むと本日のキャンプ地へ到着です。


DSC_0644_convert_20160715152830.jpg

とらまる公園キャンプ場にて設営完了!!

ツーリングマップルには無料のキャンプ場と記載があったのですが価格改正があり一泊500円でした。
それでも十分安い為、ここに2泊することにして1000円を支払い手続き完了。


nishi_map08.png

さて、香川県に来たらまずはうどんでしょう!!

相変わらずの「水曜どうでしょう」ゆかりの地巡りでうどん本陣 山田家さんへ向かって進みますが、
香川県内もイマイチ進みません(笑)

30キロの移動でも1時間とか掛かるってのがこの頃はつらかったな・・・

DSC_0652_convert_20160715152942.jpg

DSC_0645_convert_20160715152853.jpg

30℃越えの街中を停まっては動き停まっては動きを繰り返しながらついに山田家さんに到着しました。

店内は混んでいるものの回転も早く、てきぱきとお客さんをさばいている印象です。
お一人様なので待たずにすぐに着席出来ました。


DSC_0648_convert_20160715152917.jpg

頼んだのは「ひやしぶっかけ」

初の本場、香川県でのうどんにただただ感激して完食させて頂きました。
違うメニューも頼んでみようかと思いましたが、せっかくなら違う店でも食べてみようと思い移動することにしました。



DSC_0656_convert_20160715153032.jpg

山田家さんから10キロほど移動してセルフうどんの店 竹清さんへやってきました。

こちらの店は香川県の有名なうどん店を調べていたときに見つけた店です。


DSC_0653_convert_20160715153006.jpg

セルフうどんのシステムにあたふたしながらも無事に完成することが出来ました。



DSC_0655_convert_20160715153018.jpg

うどんもさることながら、有名なのはこの「あつあつ半熟卵天」

卵天が絶品でしたよ!!(うどんはふつうw)


まだキャンプ場に戻るには早いのでどこかへ観光へ行こうと観光雑誌を見て金刀比羅宮へ行ってみようと移動を開始しました。


nishi_map09.png

高松市内から金刀比羅宮までは2車線のバイパスだったので四国の下道では初めて快走で進むことが出来ました。
しかし気温が34℃を越えていてメッシュジャケットで走っていても暑いという経験したことのない状況に焦りました(笑)


DSC_0658_convert_20160716203818.jpg

無事に琴平町へ到着したものの、金刀比羅宮へ行くには実は石段を1300段くらい登らなくてはなりません。
気温34℃の中、1300段の石段登りは北海道の東側に生息している人間の致死量を軽く超える為辞退・・・


「何しに来たのよっ?」ということになるので、バイクに乗ったまま行ける所で何処か面白い所はないかと
ウロウロしていたんですが、地元の人しか進まないような道を奥へ奥へと進んでみると偶然ですが
なかなか面白い所に出ました。



MAH00312(1)_convert_20160716205437.jpg

金刀比羅宮への南入口というのがあって、牛屋口と呼ばています。
(現在のメーンである入口が栄えてからはこの南入口は衰退したとか)

上の写真、右に見える石灯篭は幕末に土佐から寄進されたものらしいです。


MAH00312(2)_convert_20160716205455.jpg

ここにも居ました坂本龍馬像脱藩の際に金刀比羅街道を通ったと言われてるらしいです。
(四国のあちこちに龍馬が通ったとされる道ありw)


DSC03954_01_convert_20160718101438.jpg



今や観光客は誰も通らないような細い住宅を抜けて適当に進むとそこには、

DSC_0657_convert_20160715153101.jpg

道民は見るだけて興奮してしまう竹林!!


竹林を先へ進むと道はまた開けて水田へ。

MAH00314(1)_convert_20160716205511.jpg

こういう景色は北海道ではあまり見られないので、何があるというわけでもないけど走っているだけで
満たされてしまいます。


こんな感じでマニアック金刀比羅宮観光を済ませキャンプ場まで戻るのですが、夕方の帰宅ラッシュの
県道で完全にやられてしまって辺りは真っ暗になってしまいました。

DSC_0662_convert_20160715153150.jpg

キャンプ場へ戻ってから自炊して夜飯を食べるのですが、



DSC_0663_convert_20160716211227.jpg


また麺食うんかいっ!!




その4へとつづく!!



スポンサーサイト

Posted by バル1400 on  | 2 comments  0 trackback

2 Comments

はろはろ村上 says..."おおう……"
県道って、北海道でいうところの「自転車道」じゃないですかw
下手すると自転車道よかひどい?(失礼)

僕は去年国道メインで移動したんですけど、それでも道民からしてみるとカルチャーショックな国道でした……
2016.07.23 10:06 | URL | #- [edit]
バル1400 says..."我々とは違う世界です"
>はろはろ村上さん

こっちでは道道を使うと空いてるし信号ないしで土地勘あれば
メリット多いですよね。

そのノリで県道で渋滞回避だ!!とチョイスするんですが
県道ってのがまあほとんどこんな道っすね(笑)

ちなみに、北海道の峠は峠とは呼べないということが解りました(笑)

本州は2stレプリカなんかで走ったら楽しい道ばっかです。
(二輪通行禁止になってる所が多いの納得)

2016.07.25 10:25 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://motorcyclediary1400.blog37.fc2.com/tb.php/430-8ba3cd66
該当の記事は見つかりませんでした。