MotorCycle Diary And More | 『ZZR1400』 『XR250』 と暮らす日々の日記

XRで道北へ DAY1

・DAY1<8月6日(水)>

道北を襲った大雨を避けるべく出発を遅らせて6日(水)に出発と決めました。
出発の日はギリギリまで雨雲レーダーとにらめっこをしながら、本日の目的地を留萌と定めてAM7:30分に出発。

しかし、天気を読みに読んだ作戦は早々に敗れることとなりました。わずか1時間30分程度の走行でなんと
今回の旅にどうしても同行したがっているお友達(雨雲)が池田町にて僕を待ち伏せしたのです・・・

お友達はポツポツとその存在をアピールしてくるので、やむなく池田町のローソン軒先にてブーツカバーを装着。
カッパは寒さ対策の為、出発時より来ていたのでウェア類は濡れずに済んだものの、なんとも不吉な出だし。

池田町からは道道73号線から十勝川温泉、道道75号線で新得へと進みます。

とりあえず同行する意思を示せたことに満足したのか、お友達は一旦活動停止。新得にて今回初の給油をすると
1リッター辺りの走行距離は34キロ、なんと優秀なのでしょうXR250は!!

DSC_0283_convert_20140811115757.jpg

気さくな店員さんと少し話をし、記念に写真を撮影してくれるというのでお願いしたら背景がWCだったとは・・・


この先の狩勝峠では明らかにお友達が待ち伏せしているようです。以前にも頂上辺りに待ち伏せしていた隠れ友達に
パンツまでびしょ濡れにされたことがあるので覚悟を決めて峠を進みます。


案の定、びしょ濡れ&視界ゼロ作戦で攻め込んできましたが、山を下りてしまえばこっちのものです。
南富良野のセイコマにて停車して、富良野市在住の知り合いに天候を確認。

「現在雨は降っていないものの雲行きはかなり怪しい。お友達は君を見つけたようである」との返信・・・

了解です。気温は少々暑いですがカッパは脱がずに走行を続けることにしましょう。


結局、富良野で知り合いの顔を見ることもなく、ノンストップ通過で国道38号線を芦別へ進んでいきます。

DSC00340_convert_20140811114258_1.jpg


「巨大観音様。どうか、お友達がこれ以上旅に同行しないよう説得の程、よろしくお願い致しますm(__)m」



北の京で見放され、その隙に近づいてきたお友達が旅の同行を切願するものの、なんとかこの辺で手を切りたいと
アクセルを開けて先へ進む。当然のんびり停車して昼飯なんていう選択肢はないのであります。

しかし、今回の旅のお供に選んだXR250、食が細いのは嬉しいけどペースはZZR1400に比べればのんびり。
まあ行程がゆるゆるなのでのんびりなのは問題ないものの、オケツが痛くなるのが少々ツライ・・・

芦別を出てすぐに国道38号線から道道4号線へ移動して深川を目指すべく新城峠へ。
新城峠の途中から西へ進む戸外炉(トトロ)峠を走っていくとこんなものがありました。

DSC00342_convert_20140811114332.jpg

「ネコバスさんてDVDで見ているより、実物は結構角ばってるんですねー」


DSC00343_convert_20140811114359.jpg

「ここが終点ですか??出来ればお友達を七国山病院の隔離病棟へ搬送してっ!!」



この日、唯一動画を撮影したんで簡単に編集しておきましたw
なんか前回の動画くらいから、画面がビヨビヨってなるんだけどなんででしょう?
youtubeにアップする前まではなってないのですけど。。。


なんてことをしているうちに、

DSC00348_convert_20140811114510.jpg

「あー!!いつの間にかお友達に取り囲まれてしまっているじゃないか(ToT)」

DSC00350_convert_20140811114556.jpg

深川の町は、8月4日~5日にお友達が大暴れした爪痕が生々しく残っておりました。こんな所でモタモタしている
訳には行かないと、深川留萌自動車道の無料区間である「秩父別インター」から高速に乗って「留萌大和田インター」
まで一気に移動。


しかし、到着した留萌はすでにお友達によって完全に占拠されていたのです・・・

つぶれたガソリンスタンドの屋根の下で野宿という、ブランキージェットシティの歌詞にでも出てきそうなワイルドな
選択も考えましたが、眼の前で交通量調査をしていたおじさんに「通報されるからやめなさい」と言われて却下。

朝見た天気予報では留萌は雨が降らない予報だったのですが、廃スタンドで再度調べた時には完全に雨に変わって
おりました。留萌のキャンプ場は海に面している所が多く雨の中、更に海岸でキャンプなんてありえないぞ。


交通量調査のおじさんが小平にもキャンプ場があるというのでちゃんと営業しているスタンドへ移動して給油を
済ませ、10kmほど北上して小平町へ来てみるも、そんな距離では当然お友達の掌の中というわけ・・・

しかし、雨雲レーダーや天気予報によると道北はまだお友達に占領されていないようです。
残された選択肢はとりあえず北上しかない!!


日本海沿いの国道232号線を塩水浴びながらひたすら北上。気付いた時には右フロントウィンカーのバルブも切れ、
苫前の手前では、先日のお友達大暴れによって発生した土砂崩れによって国道は通行止めだ!!

古丹別なる町から迂回して苫前に到着も雨はまだ止まず、そうなれば更にく北へ向かうしか道はなーい!!


DSC00351_convert_20140811114617.jpg

「海老名愛たんにまさか本日お会いできるとは夢にも思わんだよ・・・」


この時、時刻は16時30分。どうやらお友達からはなんとか逃げ切ることが出来たようです。

ここで少し考えました。今回の旅の行程は徐々に北上の予定だったけど、すでにここまで来てしまった。
こうなったら北から先に逆打ちしちゃおうか・・・

「あに」の住んでる幌延までは80キロちょっと。現在の時間を考えると日没までにテントも張れるし、北へ行くほど
雨も大丈夫だ。
(あくまで今回はキャンプツーなんでいきなり泊めてもらうのはナシ)

DSC00352_convert_20140811114647.jpg

羽幌のセイコマにて、おにぎり一個と最近お気に入りのリゲインのエナジードリンクでエネルギーチャージ!!



DSC_0289_convert_20140811134425.jpg

天塩まで北上し、そこから内陸の幌延へ進んで無事到着しキャンプベースである「ふるさとの森森林公園」で設営。


DSC00353_convert_20140811114710.jpg



19時より前には設営も完了出来たかと思います。とりあえずスーパーが閉まる前にビールを買いに行ってまずは
本日の想定外長距離移動で疲れた体を癒しましょう。


DSC00355_convert_20140811114736.jpg

ラーメンと米のみの夜飯。質素だけどこれがツーリングって感じで気持ち的には十分に満足!!
このキャンプ場での素敵な出会いなんかの話はDAY2につづくm(__)m

スポンサーサイト

Posted by バル1400 on  | 4 comments  0 trackback

4 Comments

HAL says...""
今日も凄いアメだ~

久々の長文?
コーヒー飲みながら楽しく読んでるよ♪

ネコバスでロドスタとスライドってちょっと嬉しいよね(笑)
2014.08.11 16:39 | URL | #7nflydWA [edit]
バル1400 says..."画像少なめなんで"
>HALさん

文章で繋ぎました。。。

NCはハードトップ付いてたけどせっかくの北海道なのにオープンに
しないのかね?

電動とかあったっけ??

2014.08.12 10:05 | URL | #- [edit]
はろはろ村上 says..."漢のキャンプ飯w"
雨にもマケズこの距離を一気に走りきるメンタルの強さに敬服ですm(_ _)m

小平のキャンプ場は小官も使ったことがあります。
風が強いのでテントを張るのがめちゃ大変でした(笑)

閉店しているスタンドでは廃屋ガソリンを給油ですか?w

しっかし、お友達、付き合いが良すぎて困りますね(汗

あ、NCは電動リトラハードトップがあります。

2014.08.13 00:57 | URL | #- [edit]
バル1400 says..."今週は良く晴れる・・・"
>はろはろ村上さん

海沿いのキャンプ場は海水浴のお客さんメインといった印象なので
悪天候の際には使う人は少ないんでしょうね。

閉店しているスタンドで給油したのは、霊ギュラー・・・
(これくらいしか思いつきませんでした。。。)


NCは電動だったのかなw

2014.08.15 08:04 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://motorcyclediary1400.blog37.fc2.com/tb.php/337-ea6bf336
該当の記事は見つかりませんでした。