MotorCycle Diary And More | 『ZZR1400』 『XR250』 と暮らす日々の日記

XRのハンドル交換 その2

引っ張るほどの内容でもないんですが、「その2」の始まりです。

前回、ハンドルガードが落ち着く位置をなんとか見つけて組み上げが完了し、やっとゴールが見えたと思った
所で大問題が発生しました。

どんなに調整してもクラッチケーブルが右にハンドルを切った時に引っ張られてしまうという症状が勃発。
エンジン側のアジャストナットからどんなに調整しても全くもってダメダメ・・・

これは完全にハンドルの幅と高さの問題ですね。クラッチホルダーを内側にずらすと問題は解決しますが、当然
これでは運転に支障が出ます。

今回はですね、手に負えない問題が発生するのではないかという予想もあってショップでパーツ購入をしたと
いうのもあったんですよ。ネットでも買えますが、問題があった時だけショップに行くってのは失礼でしょ。

というわけで、クラッチをダマしダマし使いながらノースフォックスまで移動。診断の結果、最大の問題はなんと


「おいバル、これはトライアル用のハンドルだぞっ!!」

はい、ハンドガードがイマイチ収まり悪かった件なんかも、そもそもバイクの種類が違うからしょうがないって訳ですね。
MX用なら幅が同じくらいでも、高さがここまで無いんでスムーズに付くとの事でした。

まあ、このハンドルならダメってわけではないみたいなんで様子見てみます。あんまりハンドル高いとコーナーで
抑え込みづらいからオススメはしないそうですよw

ワイヤー交換も覚悟しましたが、そこはさすがの判断で解決してもらいました。


DSC00827_convert_20140614204341_1.jpg

純正だと、こんな感じにフロントカウルから回しこんで来るんですけど。



DSC00829_convert_20140615192933_1.jpg

こんな感じて直で向かわせることによって足りない分の長さをカバーするという事です。
見ればシンプルな解決法ですが、こういうのって素人は本当に大丈夫なのか判断が難しいっすよね・・・

ついでにハンドガードなんかもチェックしてもらって安心を貰いました。

DSC00833_convert_20140615191845.jpg

DSC00834_convert_20140615191905.jpg

ストレートタイプのハンドガード、色もボディカラーと良い感じでマッチしてますなwww


DSC00804_convert_20140614193735.jpg

ついでにパットはジータを卒業してレンサルにしちゃいましたっ!!
(上の写真にも散々写ってましたけどねw)


スポンサーサイト

Posted by バル1400 on  | 4 comments  0 trackback

4 Comments

kawaっち says...""
実は私もトラ用レンサルなのさ^^

ただバルさんみたいな高さはないし シボリも少ないからスタンディングにはいいのさ
ハンドルは重要なパーツだよね
2014.06.17 20:42 | URL | #zC2.WDUU [edit]
はろはろ村上 says..."いつの間にか!"
ブログのデザインが変わってるぅ~!
そしてXRのハンドルも替わってるぅ~!
地元のショップさん、大事にしないと結局自分等の首を絞めることにもなりますよね。僕もちょっと考えないと……

あ、バーパッドつけてなかった……(汗
2014.06.17 23:44 | URL | #- [edit]
バル1400 says..."最近少しずつ"
>kawaっちさん

ようやくライディングフォームとかを意識出来るようになってきたので、
バイクのポジションも気になるようになってきました。

ハンドルはやはり重要ですよね。ただハンドルが変わるとライディングの
感覚も変わってしまうんで、以前のように乗れるようになるには時間が
かかってしまうのでは!?という心配もあったりして。。。
2014.06.18 17:36 | URL | #- [edit]
バル1400 says..."やっとこ"
>はろはろ村上さん

数年同じテンプレート使ってたので久々に変更してみました。

部品だけネットで買って困ったらお店へというのは失礼ですが、やはり
安さに負けてしまう時もありますよねー

今回は、自分では手に負えない問題が起きそうな予感がみごと的中して良かったwww
2014.06.18 17:40 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://motorcyclediary1400.blog37.fc2.com/tb.php/328-090e0ad1
該当の記事は見つかりませんでした。