MotorCycle Diary And More | 『ZZR1400』 『XR250』 と暮らす日々の日記

XRのハンドル交換 その1

リアのフェンダーレス化に続いて、ハンドルまわりを変更することにしました。

以前から隊長に指摘されていたのですが、ワタシは身長がそれなりに高い為に純正ハンドルのままでは低すぎる
のではないか?という事です。

フロントの荷重が抜けやすい(フロントから転倒しやすい)というのは下手だからなんですけどねw

少しはハンドルも関係してるんじゃねーかって、少しはですよ少しは・・・

DSC00806_convert_20140614193800.jpg

んで、隊長のストックパーツから発掘されたレンサルのハンドルバー。結構前なんですがもらっておりまして、ついに
装着してみようかな、という気になり行動開始。

DSC00808_convert_20140614193828.jpg

DSC00813_convert_20140614193857.jpg

バーパットとミラー以外はどノーマルのXRです。ハンドル交換の為にまずはすべて外してしまいます。


DSC00817_convert_20140614193932.jpg

マスターシリンダーがあまり傾かないようにこの辺に固定。しかし、後に面倒になってエア噛みしても抜けばいいやと
乱雑な扱いとなる・・・


DSC00820_convert_20140614194009.jpg

外すのは簡単なのでどんどん外していきまして、ハンドルクランプを外して純正ハンドルとお別れ。


DSC00822_convert_20140614194037.jpg

ハンドルの長さもかなり違ってワイド。そして何より転倒の衝撃によって右側は結構曲がってます。まあ乗ってて
曲がってるのは気づいてましたが、改めて見るとなかなかの曲がりっぷりだこと。。。

今回ハンドル以外のパーツはほとんどはノースフォックスで購入しました。餅は餅屋という訳なんですが、これが
後にナイス判断となるんですよね。その話は追々・・・


DSC00789_convert_20140614193609.jpg

DSC00792_convert_20140614193642.jpg

ある程度お任せで注文したんですが、「グリップは純正がいいよ」って事でホンダ純正グリップが用意してありました。
ハンドガードも装着する為、スロットルはジータのオープンエンドタイプとなります。


DSC00824_convert_20140614194101.jpg

アクセルホルダーの取り付けなんかは過去の経験からスムーズに出来たものの色々と問題も発生。
やはりハンドルの幅が広がった事と、高さも上がった為にアクセルワイヤーの取り回しの変更が必要となりました。
純正ではフロントカウルのウィンカーステーの辺りを通ってるのですが、そこを経由しないで直で固定することで解決。

DSC00793_convert_20140614193704.jpg

DSC00827_convert_20140614204341.jpg

なかなか伝わらないと思うのでさらっといきますが、バーパットが付く部分のクランプとハンドガードを固定するクランプの
位置の調整とか、細かい部分がなんだか知らんけどとにかく大変でした。(これも後に理由は判明)



それでもなんとか落ち着く位置を探し出して装着することが出来ました。

しかし、この後最大の問題が発生してしまうことになります。。。

今日は疲れたのでこの辺で。。。m(__)m

スポンサーサイト

Posted by バル1400 on  | 0 trackback

Trackbacks

trackbackURL:http://motorcyclediary1400.blog37.fc2.com/tb.php/326-b240e005
該当の記事は見つかりませんでした。