MotorCycle Diary And More | 『ZZR1400』 『XR250』 と暮らす日々の日記

カウルトップの交換

納車になった日の夜、チンクを見ているとちょっと気になる部分がありました。

ボンネットとフロントガラスの間にあるプラスチックの部分、カウルトップという名前みたいですが、運転席側の端っこが
固定されておらず、バタバタになってたのです。

DSC00104_convert_20131215155235.jpg

ボディ側から出ているピンに、カウルトップの端に付いているこの部品が刺さって固定される仕組みのようですが、
それが写真のように折れてしまってしまっていたのが原因でした。


担当の営業の方に電話をしてこの部品を取ってもらえるか確認した所、後日連絡が来て、

「そこの部分のみの発注は出来ないので一体全部交換になります。」

「当社で部品代は負担致します。申し訳ありませんでした。」


あらら、そんなつもりだった訳じゃないのになんか申し訳ない。でも交換してくれるっていうので、ありがたくお願いして
数日が経過。


そしてデカい段ボールが送られてきました。

DSC00108_convert_20131215155308.jpg

フィアットとアルファのロゴだけでも萌えてしまうwww



DSC00084_convert_20131215154749.jpg

さすがに一体での交換なんで、部品もデカいです。

交換は自分でしますんで物だけ送って下さいと言ってはいたものの、ウォッシャーノズルなんかも付いているので
面倒そうだな、と思っていたんですが全部一体となってるみたいで一安心です。

もちろん一人では心配なので整備のプロである隊長を呼んで作業開始!!

DSC00089_convert_20131215154916.jpg

ワイパーを外す為にアームカバー、ボルトカバーを外します。出てきたボルトはインチかと思って一瞬焦りましたが
13mmで外すことが出来ました。


カウルトップに付いている左右のボルトと、中央にあるヘキサタイプのボルトを外して本体を取り外します。



DSC00090_convert_20131215155004.jpg

DSC00091_convert_20131215155040.jpg

ウォッシャー液のパイプも外すと作業は終了。


フロントサスのアッパーマウントが錆びまくってヒドイ事になってますね。

これは構造的にアッパーマウント内に雨や洗車の際の水が溜まってしまう為、どの車両もなっているようです。
対策としてスズキのスイフト用のラバー製のカバーを流用している人なんかもいるみたいですね。

ですが、専用品じゃないのでジャストサイズでハマるという物ではないとの事。


DSC00095_convert_20131215155117.jpg

ワイヤーブラシで錆を落としてCRCをタップリ吹き付け。その後は隊長のアイデアで布ガムで表面を覆った後に
ビニールテープで周りを固定し、浸水を防ぐようにしました。

要は水が溜まらなければいいので、これをしとくだけで違うのではないかと言う見解。


DSC00109_convert_20131215162234.jpg

あとは元通りはめ込んで作業終了です。

まあ、見た目的には特に何も変わらないけど気持ちの安心度は違いますね。



DSC00086_convert_20131215154843.jpg

あ、これが折れてない状態の写真です。このプラスチックの部品ひとつの為に大掛かりな作業となりました。


優しい営業担当の方で本当に良かった良かったwww



スポンサーサイト

Posted by バル1400 on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://motorcyclediary1400.blog37.fc2.com/tb.php/293-21452708
該当の記事は見つかりませんでした。