MotorCycle Diary And More | 『ZZR1400』 『XR250』 と暮らす日々の日記

思い付きツーリングDAY2 後編

さて、もったいぶったトラブルの話ですが、神恵内(かもえない)の道の駅を出発して積丹半島の神威岬を目指して
走行している途中、リヤブレーキをかけると全くブレーキが効かなくなってしまいました。

感覚としては、エア噛みしているような感じで踏んでも全く手応えがないのです。

フロントブレーキは問題なく効くので、とりあえず気を付けながら神威岬の駐車場まで走行して、停車後にブレーキ
マスターを確認すると、すぐに原因が解りました。


DSC08702_convert_20130601165908.jpg

マスターを固定するボルト2本のうち、下のボルトがなくなっていたのでブレーキを踏むと、上のボルトを中心にステップ
ごと後方にずれてしまい、ブレーキが機能しなくなっていたのです。

原因は、自分がステップを取り付けた際の絞めが甘かったでしょう。そこに茂津多岬でのダート走行による振動で更に
緩みが進行して、走行中に落下したと考えられます。



bolt_convert_20130601094838.jpg

ちなみに、これは弁慶岬で撮影した写真を拡大したものです。この時はまだ付いていたのですが・・・
(っていうかリヤブレーキの手応えがなくなった辺りで落ちたのは当たり前ですけど)



DSC08704_convert_20130601165943.jpg

というわけで、車載工具を出す為にキャンプ道具を降ろしてシートを外します。

外装のボルトとかなら、一本くらいなくても大丈夫だと思って外してみたのの、サイズが合わずに結局使えず。
とりあえず上のボルトを増し締めしてあまりリアブレーキは使わずに走るようにします。

どこかの町でボルトくらい買えるでしょうしねw

原因が解ればたいしたことはないですが、ツーリング先でこういったトラブルが発生した瞬間は結構焦るもんですね。


その後も積丹半島を進みますが、イマイチ観光しようという気分にもなれないのでキャンプ地探しを始めます。

積丹にある道営野塚野営場、良さそうだったのですが周りに買い物が出来るような店がないので、買い物の為に
帰路と同じ方向へ進むのは無駄な気がしてもう少し進んでみることにしました。

積丹岬キャンプ場へも行ってみたものの、どうやらやっている雰囲気がしないので、次の町まで進んでみる事にします。

隣町の美国まで進み、美国小泊野営場へ行ってみたものの、ここもまだオープンしておらず。時間も怪しくなってきたので、隊長が以前バイク龍人さんとキャンプをした余市まで進んでみることにします。


DSC08705_convert_20130601170013.jpg

隊長に電話をしながら、場所を確認して余市町にある浜中モイレ海水浴場に無事、テントを設営。町中にある
キャンプ場なので寂しくはないですが、他には誰もキャンプをしている人はいませんでした。

何人かの地元の人と話をしましたが、5月はまだ寒いのでキャンプをしている人はほとんどいないらしいですw
でも、ある程度寒いのは想定して準備もしてきているので問題なし。

テントを設営して、まずは紛失したボルトの代用を探す為町中へ。スタンドで給油をした際に店員さんに聞くと、バイク屋
さんへ行ってみてはどうかと勧められたので、言われた通り斉藤商会さんへ行ってみます。

店主さんに事情を話すと、

DSC08452_convert_20130601170941.jpg

とりあえず帰るくらいなら問題ないだろうと店にあったボルトを付けてくれ、代金もいらないという男気。
気持ちというわけで、近くの自販機でジュース2本を差し入れしてお礼をさせて頂きました。


旅先でこういう優しさに触れると、何とも言えない幸せな気分になりますね。斉藤商会さん、ありがとうございました。


utyu02.jpg

その後は、隊長オススメの「宇宙の湯 余市川温泉」へ移動して風呂&飯です。
(外観撮影していなかったので拾い画像です)


DSC08706_convert_20130601170035.jpg

風呂も地元の銭湯という感じで良いです。コジャレた場所へ行くよりも、こういう場所の方が旅をしている感があって
個人的には好きです。

飯も、ここの二階で食べられます。隊長がたいした美味しかったと絶賛していたのですが、何が美味しかったのかを
忘れてしまったので、食べたいものを注文したんですが、後に判明したのは「海鮮が美味い」そうですw

バイク龍人さんのツーリングレポートはこちら


DSC08707_convert_20130601170205.jpg

風呂の向かいにあるコンビニで買い物を済ませ、テントへ戻ります。ガスランタンのマントルを装着して久しぶりに
ランタンの明かりと酒。海岸線に見える町の灯を見ながら音楽を聴き、マッタリと過ごします。



DSC08712_convert_20130601170240.jpg

まあ一人なんで暇ですよ。というわけでヘッドライトで足元を照らしながら海岸にある流木を集めてきてたき火開始。


22時くらいに就寝。このまま終われば最高のキャンプとなったんですが・・・





この30分後くらいに地元の若者5~6人がやってきて、なんとぼくのテントのすぐ近くで焼肉を始めようとするでは
ありませんか!?

これはこのまま何もしないと面倒な事になると思い行動に移ります!!


バル「ごめんね~、これから焼肉するの?」

若者「そうっすよ(不満気な口調)」

バル「もう寝ようと思ってるからさ、できればもう少し離れてほしいなぁ」

若者「いいっすよ(不満気な口調)」


とりあえず、素直に聞いてくれて良かった。と思ったものの、50mくらいは離れてくれたけど大騒ぎしてるので全然
うるさいです・・・

まあ、少し様子を見よう。。。



AM12:00が過ぎても変わらず大騒ぎ。これはキビシイ!! 

でも直接文句を言いに行ってもその後面倒な事になったら困る。

こっちは飲酒しているんで場所を変えることも出来ない。




何か良い解決策はないかと考えまして、


スマホで検索「余市 警〇 電話番号」・・・


数分後、パトカーが到着し若者達の半数は帰宅。残った若者も居たが大人しく焼肉を継続してくれていた。

とりあえず、これで寝れるけど心配なのは外にあるZZR1400。無事に朝を迎えられるであろうか・・・



大きな地図で見る





スポンサーサイト

Posted by バル1400 on  | 4 comments  0 trackback

4 Comments

tomigaoka says..."んなアホな。"
こういう時の為にタイラップの大・中・小を2本ずつ
単車の工具入れの中に入れといたら走れんのに・・・。
まぁ良かったやん、カメラ落とせへんだけでも(笑)

鎌さん、14Rにするらしいで~。
2013.06.02 06:53 | URL | #n72/ynUg [edit]
バル1400 says...""
>tomigaokaさん

タイラップも常備した方がいいですね~
勉強になりますm(__)m

鎌さん、とうとう乗り換えですか!!

カワサキの初期ものはいろいろと不安要素もあるようですし、良い時期かも
しれませんね~

ZZR1400に付いてたパーツの追い剥ぎ祭りは開催されるんでしょうかwww
北海道より馳せ参じます!!

2013.06.02 14:28 | URL | #- [edit]
バイク龍人 says...""
う~ん 昨年の事なのに何だかとても懐かしい感じでした。
余市川温泉でとんかつですか~(^^;)
海鮮丼食べなきゃ駄目でしょう!(笑)
2013.06.03 23:51 | URL | #nLnvUwLc [edit]
バル1400 says...""
>バイク龍人さん

バイク龍人さんはツーリング行きまくりですから、昨年の夏のツーなんて
懐かしい遠い記憶www

海鮮丼だったんですね~

次行った時にはちゃんと食べてきます!!

2013.06.04 20:57 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://motorcyclediary1400.blog37.fc2.com/tb.php/264-4772b681
該当の記事は見つかりませんでした。