MotorCycle Diary And More | 『ZZR1400』 『XR250』 と暮らす日々の日記

エアフィルター清掃

一向にバイクの乗り出し整備、手を付ける気が起きずダラダラでございますm(__)m

バルケッタ回収の際に、HALさんより

「エアクリの清掃とオイル交換しとけよ!!」

と言われておりましたので、とりあえず自宅にメンテナンスキットがあるエアクリから着手することに。

(ちなみにk&Nのメンテナンスキットだけどエアクリはメーカー違います)


※赤字が購入時に業者からもらった手順です

DSC08477_convert_20130413174719.jpg

①フィルターを車両(クリーナーボックス)から外し柔らかいブラシ等で大きめのゴミを取り除きます。

②フィルター洗浄剤をフィルターにタップリ吹付け30分程度放置します。
(汚れの度合によって時間を調整して下さい。)

ご注意:ガソリンやスチーム、パーツクリーナー等の溶剤、高圧洗浄などは行なわないで下さい。
フィルター本体を痛める原因となります。



DSC08478_convert_20130413175337.jpg


たしか2年くらいやってなかったんで、そうとうタップリ吹き付けてやって、30分放置。


③フィルターのエンジン側から外側(吸気の逆方向)へ、弱い水流ですすぎます。
(この時、絶対に強い水圧ですすがないで下さい。)
この後、よく振って水を切ってから陰干しして下さい。

※ここまでの作業を汚れが落ちるまで繰り返してください。



ZZR1400の時は外でやりましたが、まだまだ寒いので家族にコソコソしながらお風呂へ持っていきますw



DSC08481_convert_20130413174759.jpg

うえっ!! 汚えぇぇぇっ!!



ちょっと家族には見せられない虫の〇骸も流れた気がしますが見なかったことにします・・・


その後は一晩放置して干しました。


④乾燥後、フィルターオイルをフィルターのひだに沿って外側より軽くスプレーし、5分程度放置します。
フィルターオイルを薄く塗布することがポイントです。塗り過ぎは禁物です。

※5分ほど放置すると全体にオイルが染み込み、広がりますのでこの時点で
オイルを塗りすぎないように注意して下さい。

ご注意:また、専用のフィルターオイル以外のオイル(ATF、エンジンオイル、ガソリン、軽油、潤滑用の
オイルスプレー等)の塗りこみによる使用は、フィルターの破損及びエンジン故障の原因となります。
必ず専用フィルターオイルを使用して下さい。
また、フィルターオイルを塗らない状態での使用は絶対におやめ下さい。

⑤5分ほど放置したらフィルターを車両(クリーナーボックス)に戻して完了です。
※クリーナーケース内をきれいに拭いてからフィルターを戻して下さい。



DSC08482_convert_20130413174822.jpg

塗り過ぎ禁物と注意されてたんですが、、、

DSC08483_convert_20130413180407.jpg

明らかに塗り過ぎた感じwww


完全に乾ききらないとエアフロ内で悪いことをするんだそうです。HALさんが言ってましたw


というわけで、塗り過ぎなもんで、マニュアルでは5分とありましたが、一日以上放置してから車両に取り付け。


DSC08484_convert_20130413174844.jpg

気休めにシーリンググリスを塗って、装着して終了!!


オイル交換もしちゃいたいんですけどね、いつものCastroL Magnatec 10W-40オートバックスに在庫が
なかったんで、明日にでもほかのカー用品店探しにいってこよっかな。



スポンサーサイト

Posted by バル1400 on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://motorcyclediary1400.blog37.fc2.com/tb.php/254-029b1ed1
該当の記事は見つかりませんでした。