MotorCycle Diary And More | 『ZZR1400』 『XR250』 と暮らす日々の日記

フューエルホース交換

今回は、前記事で紹介したジムニーの後ろからのお漏らしを改善します。


フューエルホースの劣化により、タンク内のガソリンがホースの取り付けられている位置より上にくると
タンクとホースの隙間からガソリンが漏れていたのが原因だったようです。


バルケッタの主治医である整備工場に部品が届いているので、部品を受け取った後そのまま工場敷地内で作業を
させてもらいます。

まずはフューエルホースへアクセスすべくリヤゲートのカーペット等をめくってみると、

DSC07881_convert_20121208171512.jpg

普段見えない部分ですが、朽ち果てて外が見えてましたw 写真に見える一番下のボルトは固定される下部が
なくなってますので、まさに「あんなネジは飾りです」といった所・・・orz

このカバーを外すとホース上部が顔を出すのですが、

DSC07883_convert_20121208171537.jpg

穴が開いてホイールハウスと繋がっていたわけですから、当然状態はとんでもないことになってますw



DSC07884_convert_20121208171602.jpg

ホイールハウス側から見るとこんな感じですwww


DSC07885_convert_20121208171622.jpg

このカバー部分は対策品に交換されているようです。ちなみに写真上のボルトも固定する部分が朽ち果てて
なくなってたので固定できずでした・・・


DSC07886_convert_20121208171642.jpg

タンク側を固定しているバンド部分がどうやっても取れなかったのでプロに相談した所、ぶった切って新品に
交換という直球な対処法で外して頂きました。


DSC07888_convert_20121208171722.jpg

タンク側のホースも力任せに抜くと、タンク側の口が折れたりしてしまうリスクがあった為ホースに切れ目を
入れて外しました。


DSC07889_convert_20121208171741.jpg

ホース交換が無事終了!!

これでガソリン漏れの症状が治まるな~ 良かった良かったwww


DSC07890_convert_20121208171802.jpg

新しいカバーを取り付けて完了です!!

穴がなんとも痛々しいですけどね(T_T)


作業終了後に初めてガソリンを3000円分入れてみました~

なんか新鮮でしたwww



スポンサーサイト

Posted by バル1400 on  | 2 comments  0 trackback

2 Comments

HAL says...""
ホースって給油口からのだったのね。

メールの件だけど溶接以外なら大きい場合はFRPで
小さいなら接着剤てんこ盛りで対策するのがお手軽かと。

どちらも根本的対策にはなってないけどね。


しかしクサレひどいなぁ・・・
修理箇所がこのレベルだと俺でも手を出したくないよ(-_-;)

2012.12.08 21:02 | URL | #7nflydWA [edit]
バル1400 says..."Re: タイトルなし"
> しかしクサレひどいなぁ・・・
> 修理箇所がこのレベルだと俺でも手を出したくないよ(-_-;)

あらら!?

でも問題はここだけじゃないけどねwww

ついに本格的に積もっちゃいましたね~
シーズンオフは明らかにポチっの誘惑が多くなってきてます・・・


2012.12.09 08:21 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://motorcyclediary1400.blog37.fc2.com/tb.php/238-487cb792
該当の記事は見つかりませんでした。