MotorCycle Diary And More | 『ZZR1400』 『XR250』 と暮らす日々の日記

2011 GWツーリング DAY1・2

今回のツーリングをまとめるにあたってひとつ報告があります。

5月4日(水)、工程の8割を終えて最後の宿となる新潟を目指し、北陸自動車道を
新潟へ向けて進んでいた際に、ウェアのポケットに入れていたデジカメを自分の不注意
から落下させてしまうという失態をしでかしてしまいました・・・

よって、今回のツーレポに使用された写真のほとんどが、旅の途中途中で御一緒した
方々からの提供によって成り立っております。

バカの不注意が招いた結果でありますが、迅速にデータを送って頂いた皆様に
この場を借りて、お礼を申し上げます。

本当にありがとうございましたm(__)m


それでは、長かったツーリングを振り返りたいと思います!!

長くなるので続きはこちら↓



・DAY1 2011年4月29日(金)

昨年の大雨&雪とは打って変わっての晴天。

若干風は強かったものの、雨がないだけましというわけで出発です


DSC03255_convert_20110507215054.jpg
(自宅に置いて行ったSONY NEXにて撮影の為画像あり)

順調に工程を進めて、浦幌ICより道東自動車道へ。すると電光掲示板にトマム~占冠間路面凍結注意
文字が・・・


自宅を出発したのもゆっくりだったので、実際に通過した際には外気温プラス2℃

途中から降りだした雨はそれなりでしたが、まあ4月末の北海道なんてこんなもんですよw


占冠ICで高速を降りてからは日高町にて給油。ここにきて雨が本降りとなり出した為にスタンドにて
雨対策のフル装備を着用して平取方面を目指します


平取町へ着く頃には雨の上がったので、鵡川町にて装備の変更です

秋田上陸後からは南下の工程だった為、荷物の上にネットでくくって持ち込んでいた3シーズンウェアと
チャップスに着替えて、朝から来ていた極寒対策ウェアは帰りの最終宿である新潟のホテルへ先に郵送
してしまいました

3時過ぎ、鵡川でラーメンを食べた後はコンビニにてフェリーに持ち込む夜飯&翌日の朝飯を買い込んで
苫小牧東フェリーターミナルへ移動です

出向が19時30分の為、そうとう早く着いてしまいましたが3シーズンウェアに着替えてしまったので
あまり遅くなると寒くなる為しかたありません。

暇を持て余していると、帯広のライダーハウスpitの方々がいらっしゃいました

実は、みゅうさんがpitへ出入りしている関係で、事前に同じ便であることをお互いに知らされていたので
挨拶をして、親切にも乗船後、一緒のブロックのベッドになるようにしましょうと言って頂きました

そうして、一人旅のはずがいきなりの6人グループに増員となり楽しく一晩を過ごさせて頂きましたm(__)m

そして話の流れから、明日の午前中の秋田を一緒に走ることとなりました




・DAY1 2011年4月30日(土)

7時45分過ぎ、無事に秋田港へと着きましてターミナルには毎年のように秋田ツーリングで
お世話になっている秋田県在住のライダーモトマックスさんが今年も出迎えてくれましたw

IMGP0501_convert_20110508202053.jpg
(まさに到着した瞬間の写真、モトマックスさん撮影)

事前にメールにて了承をもらっていたので、そのまま7台で鳥海山をグッドロケーションで
見られるポイントまで走ります

本当は鳥海ブルーラインを走りたかったのですが、山形側までまだ開通していなかった為に
今回はパスしました・・・



秋田でのツーリング、動画にてまとめてみましたw



IMGP0533_convert_20110508202131.jpg

道の駅鳥海にて軽く食事を済ませて、pitメンバー、モトマックスさんと別れ、まずは鶴岡ICまで向かいます

そこから国道7号線を南下し、目指すは勝木という町を南下すること数キロ


そこには、笹川流れという名所があるのですがそれ以上に、特定の層の人間にとっては聖地と
崇められている場所が。。。

北海道が誇る深夜番組「水曜どうでしょう」 シリーズ中でも珠玉の名場面とされる
ダルマ屋ウィリー事件の現場があるのです!!

実はこの聖地巡礼が後々、自分の首を思いっきり絞めることとなるのですが、この時はまだ
知りませんでした・・・


ちなみに、この日は隊長の知り合いで、昨年のGWに一緒に走ったバイク龍人こと「雅にい」が能登半島にて
キャンプをしているので「そっちに合流しま~す」なんて軽く言ってしまったんですよ



雨雲レーダーをチェックしてくれていたモトマックスさんに、「道の駅鳥海からカッパ着た方が良いですよ」と
言われていたので、雨対策は万全だったものの、勝木にて給油した際にはかなりの雨量となっていました

この一番雨が降っている時間に、動画の撮影なんぞをしようというのですから、それは大変ですよorz

しかも、あれだけ何度も見た場面なので現地へ行ったら一発で


「ここだべっ!!」


と発見出来る自信があったのですが、現地へ行ってビックリ・・・

同じような景色がいつまでも続く&雨がハンパない勢いで降ってて立ち止まってのんびり探せるような
状態ではないのです(ノ_-。)


o0600040011101056774[1]

無事に撮影出来たかは、下の動画で確認してみてくださいw






それでも、なんとか決め打ちをしてやっつけで撮影を終わらせて、モトマックスさんより教わっていた
つい先月開通したばかりの朝日まほろばICから高速へのるべく、国道345号から国道7号へ戻る
県道6号を突き進みますが・・・

この県道6号山北朝日線がなかなかの道でしてね~

っていうか、雨がひどかったので余計に不安をあおったのでしょうが、がけ崩れはあちこちでおきてるし
北海道ではなかなか出会えない、うっそうとした森を一車線しかない道路がウネウネと抜ける道でしてね(涙


「おれはもうダメかもしれないぜぇ・・・orz」

と思ったくらいに国道7号線へなんとか合流。。。

でも、ここからもヒドイどしゃ降り(-゛-メ)


それでも、なんとか高速に乗ることが出来、予報では富山は雨じゃなかったので雨がやむまで
頑張って走ることに


だが、しか~しっ!!


完全になめてましたよ富山県・・・


新潟から富山まで250ケロもあるんですね。。。

それでも高速なんで、それなりのペースで進んでいくことが出来て、小杉ICで降りたのですが、
ここでまさかのETC読みとり出来ず・・・


おっちゃん出てきて「カード出して~」と簡単に言ってくれちゃうけど、シート下なんでキャンプ道具を
全部降ろしてなんとかカードを提出・・・

この時点で午後6時です


でも、あとツーリングマップル2ページなんで楽勝だぜ~!!


待ってろ能登半島っ!!


ところが、更なる試練が・・・


北海道の感覚で、ツーリングマップル2ページなんてあっちゅう間だと油断してたら走っても走っても
進まない・・・

結局、キャンプ場に着いたのは20時過ぎていたと思いますorz


雅にい達に手厚く歓迎され、おいしいご飯とお酒ですっかり復活して2日目を無事終えることができました

DAY3につづく

スポンサーサイト
Posted by バル1400 on  | 6 comments  0 trackback

6 Comments

ZUMI says...""
アツイね~。なんだかスゲー楽しそう~(^^)/
2011.05.08 22:11 | URL | #- [edit]
バル1400 says...""
>ZUMIさん

まあロングツー行くといろいろあって大変な目に合うことも
あるけど、最後振り返ると良い思い出になるもんですねw

2011.05.08 22:36 | URL | #- [edit]
HAL says...""
聖地巡礼オメデトウ!
現地で物思いにふける余裕が無かったのが残念だったね。


ツーレポ終了時にマトメコメしようかと思ったんだけどさ。

tomigaokaさん、鎌さん、と連動記事なのかい?(笑
2011.05.10 19:40 | URL | #- [edit]
バル1400 says...""
>HALさん

ダルマ屋はyoutubeのヒット数もダントツで伸びてますが
本家との比較は一切入れてないので期待外れなんだろうな~、と。

tomigaokaさんとは連動させますが、鎌さんは短気なので
こっちの編集終わるまで待ちきれないのですw

今週中過ぎに第2部、週末に第3部をアップして終了する予定ですよ~

2011.05.10 19:59 | URL | #- [edit]
鎌鼬 says..."ひどいなあ(笑)"
こんばんは~

短気なのでって、まだ1回しかお会いしていないじゃないですか~(笑)

でも毎週晴れれば出掛けるので、写真と記事を整理していかないと、途中でヤル気無くなっちゃいそうなので。

でもこちらの最後の記事の公開はバルさんに会わせますよ。

内容は事前打ち合わせも無いので、あまりリンクしないようにも思っていますが。
2011.05.10 22:54 | URL | #- [edit]
バル1400 says...""
>鎌鼬さん

では、一応土曜日の19時にアップできるようtomigaokaさんとも
打ち合わせておりますので、そんな感じでお願いしますw



2011.05.11 19:02 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://motorcyclediary1400.blog37.fc2.com/tb.php/153-d9f60eab
該当の記事は見つかりませんでした。