MotorCycle Diary And More | 『ZZR1400』 『XR250』 と暮らす日々の日記

ホイールハウス内が凍結

DSC_2287_convert_20180113123533.jpg

DSC_2290_convert_20180113123554.jpg

先日の斜里遠征帰りは路面に積もった雪が溶けだしている区間もあったのでホイールハウス内がどんでもない
ことになってしまいました。

春先の雪解けシーズンはこんな感じになることがあるんで状態自体は普通なんですが、気になったのはこちら。



DSC_2295_convert_20180113123617.jpg

洗車しても大半の氷は残ったままだったのでプラハンマーで破壊していた時に気になったんですが、


DSC_2296_convert_20180113123629.jpg

リアのブレーキラインが剥き出しなので外れた氷がぶら下がってしまっている箇所があるんですよね。
これって今まであまり意識したことがなかったんですが、一般的にこんな感じで剥き出しになってる物でしたっけ?



DSC_2299_convert_20180113123705.jpg

氷がブラブラとホースを引っ張った状態で走行するってのが精神衛生上よろしくないので全部溶かします!!



DSC_2301_convert_20180113123728.jpg

DSC_2305_convert_20180113123754.jpg

気にし過ぎなだけかとも思うんですけど、洗車ついでにキレイにしてやるのはそのままより良いことでしょう。



DSC_2306_convert_20180113123831.jpg

冬ってなかなか洗車をする気にならないもんですが、やれはやっぱり気分が良い!!

そして洗車すると雪が降るってのもあるあるで、現在はもうすっかり汚くなってしまってますwww



スポンサーサイト
Category : カングー
Posted by バル1400 on  | 0 comments  0 trackback

さらばレッチリっ!!

レッチリと言えば色々と連想する対象があると思いますが。


RFcZvug7_convert_20180110192438_convert_20180110193827.jpeg


これがまあ本家ですよね。



1499939794_convert_20180110192917_convert_20180110193810.jpg

こっちを連想する人もまあアリでしょうwww



しかし、北海道のバイク乗りでレッチリと言えば、

DSC03221_convert_20150506170859.jpg

斜里にある「RED HOT CHILI PEPPER」を連想する人もかなり居るんじゃないでしょうか。

このブログでもツーリング途中に何度か登場してますし、不思議な縁があって店主(通称板さん)とも年賀状の
やり取りをさせて頂く仲となりましたが、今年の年賀状に衝撃の内容がっ!!


平成30年1月14日(日)をもちまして閉店致します!!


うわ、もう週末2回しかチャンスがないじゃないすかー!!



DSC_2264_convert_20180110184636.jpg

早速1月6日(土)の15時過ぎに吹雪の峠を越えて向かいますっ!!



redhot2018.jpg

我が町から斜里までは120kmとまあ、北海道的には遠くもないけど近くもないかなぁという距離感ですが
冬道で吹雪となるとちょっと大変ですね。

でも、閉店前にもう一度来店したいのです。
しかも行くなら夜のレッチリに行きたいのです。


DSC_2271_convert_20180110184802.jpg

17時30分に斜里の道の駅へ到着し、ここをキャンプ地とするってわけで車中泊の設営開始。


k_1121288_surd_convert_20180110195532.jpg

真冬の北海道で車中泊キメる為に入手済だったモンベル ダウンハガー800 #0 が役に立つ時が来ましたわwww


DSC_2267_convert_20180110184703.jpg

DSC_2268_convert_20180110184713.jpg

車中泊仕様にセッティングした車内はこんな感じ。
身長が182cmなワタシには助手席までフルフラットになるカングーはホントにありがたいわけです。



DSC_2269_convert_20180110184741.jpg

斜里の道の駅、裏にある駐車場の一番端っこにカングーを残していざレッチリを目指します。
それにしてもかなり良い勢いで雪が降ってますし、ほかには一台も車(車中泊派)が居ないwww



DSC_2273_convert_20180110184840.jpg

21年5ヶ月営業したというお店、今回が最後かと思うと感慨深いものがあります・・・
自分がお邪魔したのはここ数年数えるほどではありますがやはり寂しいですね。


DSC_2275_convert_20180110184858.jpg

このバンドを知ったのは中学生の時で当時はブラッドシュガーが最新アルバムでしたw


一切アポを取らず訪問したのでやってなかったらどうしよう・・・という不安がありましたが、
板さんと嫁さんに迎えられ無事に最後の入店を果たせて良かった良かった。


しかし、どうしちまったんだレッチリ!? 
店にいる客層は若い女の子だらけで甘そうな飲み物とかを頼んでおりカフェ化してるじゃないか。

ワタシの知ってるレッチリはさ、

img_7.jpg

こんな感じでトーカッター様みたいな客が来ててさ、


img_5_convert_20180110203042.jpg

店の前にはこんな感じでバイクが並んでるのがレッチリじゃなかったんかー!!



っていうのは言い過ぎなんですが、とにかく若い女の子だらけの店内に若干の違和感を感じつつも
カウンターにて飲み食い開始です。


DSC_2276_convert_20180110184916.jpg

DSC_2277_convert_20180110184932.jpg

DSC_2279_convert_20180110184949.jpg

最後かと思うと名残惜しいがめちゃくちゃ美味いっ!!
そしてここで飲めるってのがやっぱり最高です。

(ちなみに本日の客層は割と偶然だったらしいですwww)



それにしても良いことなのですが、お客さんがたくさんなのでなかなか板さんとトークを弾ませるチャンスが
少なくて、一人飲みとしてはちょっと寂しい。

そんな感じで飲んでたら若い頃からのレッチリファンである斜里っ子2名が入店し、気を使って頂いて
話しかけてもらい、その後合流したお友達と4人で楽しくカウンター飲みとなりました。

板さんが斜里でレッチリを開店した頃から知るゴリゴリのレッチリファンの方々、もうペッパーズと呼んで
良いでしょう。
当時の懐かしい話なんかを色々と聞かせてもらったり、楽しい時間を過ごさせてもらえました。

しかし、この日の為に着込んで行ったホルヘ・ロレンソのオフィシャルTシャツで板さんと写真を撮る予定が、
飯以外の写真は撮らず18時から朝3時くらいまで斜里ペッパーズたちと飲んでしまい、バイクの話はほとんど
できなかったという・・・


DSC_2280_convert_20180110185003.jpg

斜里ペッパーズと一緒にシメのそばまで食べに行っちゃって(しかも奢ってもらったw)
カングーに戻って爆睡。



DSC_2282_convert_20180110185025.jpg

目覚めたらすでに10時40分でしたわwww


看板が付いてる前で撮れるのは最後になるかな。

DSC_2284_convert_20180110185057.jpg

カングーとレッチリを一緒に一枚。


さて、一番重要な話を。

レッチリは閉店しますがご安心を!!

斜里にて新店舗が夏くらいにはオープンするとのことです。
店名は変わってしまいますが、レッチリでの人気メニューは引き続き食べることはできるようですよ。

はっきりと新店舗開店が決まったら微力ながらこのブログでも告知をさせて頂きますm(__)m




最後は、フロントマンであるアンソニー・キーディスのこれまでの変化でお別れしましょう。




Category : カングー
Posted by バル1400 on  | 6 comments  0 trackback

カングー関連の小物

いきなりカングーの話じゃなくて申し訳ありませんが、

DSC_2248_convert_20171226204155.jpg

パソコンでブログを更新するのが苦痛なレベルまで速度が遅くなっていたのですが、HDDからSSD(480GB)に
換装すると信じられないくらい快適に生まれ変わりました!!

画像の縮小やファイルのアップロードなどサクサクと進み記事の更新作業がスムーズになったので小ネタですが
記事を更新!!



DSC_2233_convert_20171226204045.jpg

まずは北海道らしく

・ウィンターブレード。

やはり近所のオートバックスに置いてある在庫で、カングーに合う企画の物はないのでネットにて購入。
汎用品なのでアタッチメント部分が若干面倒だけどしょうがないですね。



DSC_2241_convert_20171226204145.jpg

・ダッシューボードに置く滑り止めシート

これはサングラスを置く程度の大きさでしかないので、まあファッション性優先のアイテムって感じですかね。
見た目的満足度は高いので気に入っております。



DSC_2240_convert_20171226204136.jpg

・シリコンキーカバー

Amazonで注文したらはるばる中国からやってきました。
お安い商品ですが、ボディカラーとコーディネートした色でファッション性も高いです。
個人的には結構満足度が高い商品だったので、予備にもう一個買っておけばよかったと後悔。
(届くまで結構時間が掛かったんです)



そして最後はこちら、

DSC_2238_convert_20171226204105.jpg

DSC_2236_convert_20171226204122.jpg

・IKEAの小物入れ

カングー乗りの間では定番的アイテムのようですが、小物入れの形状は丸から四角へ企画変更があったようです。
当然北海道にIKEAなんてありませんので、都会に住んでるnovoさんの奥様に頼んで送ってもらいました。


どうもありがとうっ!!


カングーって意外と収納がない(っていうかデカイ収納ばかりで小物を入れるのに適さない)ので、これくらいの
サイズの収納があると使い勝手がめちゃくちゃ良いです。

サングラスやスマホ、財布なんかを入れておくのにちょうど良いサイズです!!



DSC_2208_convert_20171226204029.jpg

マイナス13℃くらいになる朝もあるのでバッテリーもしっかり充電してやりました。
職場が近めな為に平日はちょこっと乗りが多くなってしまうので、たまに充電してやったほうが安心ですね。


今時装備のトラクションコントロールやESCも付いてませんが、冬道でも全然問題なく走ってくれてます。

やっぱり冬道はマニュアルの方が安心ですわね。



Category : カングー
Posted by バル1400 on  | 6 comments  0 trackback

焚火にハマる

・10月21日(土)

前回のキャンプですっかり焚火の虜となってしまい、どうしても焚火がやりたくて翌日は大雨の予報だってのに
近場のキャンプ場まで車を走らせてしまいました。

今回のキャンプ場には自由に使える薪はない為、キャンプ場へ向かう途中HALさんチの敷地から拝借。



DSC_2042_convert_20171023123523.jpg

キャンプ場へ向かっている途中、道路にすごい落し物がありました(笑)


DSC_2045_convert_20171023123542.jpg

焚火の火の粉が飛んでも気にならないお古タープを探していた所、隊長の基地に眠っていたヤツをゲット!!
今となってはすっかりヘキサタイプが主流となっており、オールドスクールとなってしまったスクエアタープですが
張ってみれば良い感じです。


ベースの設営も終わったのでもうひとつのニューアイテムを試してみましょう。

DSC_2047_convert_20171023123611.jpg

ヘルコのHR-7ハンドアックス。
初心者ほど良い斧の方が良いということでちゃんとしたメーカーの物にしてみました。


DSC_2048_convert_20171023123646.jpg

たしかに割りやすいですが、それなりの太さの薪となるとこのサイズではちょっと難易度が増す感じ。
慣れたらまた違うんでしょうけどね。とりあえず買って良かった満足満足!!

ということで、やはりふつうの斧もいずれは必要か・・・


DSC_2049_convert_20171023123706.jpg

薪割りもひと段落してすることもなくなったのでいよいよ焚火開始。

と思ったら焚き付けを忘れてきたようなので、キャンプ場周辺の枯れ木を拾って小枝を集めて
ティシュに着火して小枝から少しずつ炎を大きくしていくことにしました。



DSC_2050_convert_20171023123742.jpg

無事焚火の火力が安定し、自分のキャンプ力が若干上がったことに自己満足www
たいしたことしてないのになぜか楽しいのがキャンプの不思議。



DSC_2052_convert_20171023123845.jpg

15時くらいとなり、そろそろ飲んでも良いかと思える時間となったのでアヒージョ摘みながら開始します。



DSC_2056_convert_20171023124030.jpg

自分のほかには4~5組くらいのキャンパー。物好きな人は意外と居るもんです。
その他、住人と化している人がまだ2名ほど居りました・・・

今晩から雨予報で明日は雨の撤収が確定の為なるべく被害を少なくする為にテントは張らずにカングーで車中泊。


DSC_2060_convert_20171023124113.jpg

DSC_2062_convert_20171023124155.jpg

DSC_2061_convert_20171023124135.jpg

ダッチオーブンらしく利用する為、今回はレッドカレー&ナンを用意してみました。
もちろんどちらもインスタントとなんですけど、これは大正解!!

新たな定番となりそうな予感です。


20時過ぎくらい、すでに小雨が降りだしたキャンプ場にHALさんが遊びにやってきました。
今年はオフ車で遊んでないので(林道遊びゼロ・・・)HALさんとも会う機会が少な目でしたので
久しぶりに色々とお話をできて充実した時間を過ごせました。

その時の様子はこんな感じ



DSC_2075_convert_20171023124343.jpg

日付が変わる前にはHALさんも帰宅し、名残惜しいけどあと一本だけ燃やしたら寝ようと決めて焚火を眺めて
ようやく就寝。


夜中、とんでもない雨の音で何度か目が覚める・・・


・10月22日(日)

DSC_2076_convert_20171023124404.jpg

地面に置いてある物はもうダメだなこりゃ・・・

大型大風が接近しているとはいえ、これは思っていたよりかなり降ってるぞ。

雨雲レーダーを見ながら少しでも雨が弱くなる時が来るのを車内で2時間弱待ってシートを敷いた車内へ一気に
荷物を搬入して撤収。

AM9時半過ぎには自宅へ到着し、そこから大量の片づけに追われることとなりました。


DSC_2080_convert_20171023124428.jpg

DSC_2082_convert_20171023124454.jpg

タープも無理やりガレージ内で干してなんとか乾かすことが出来ましたが、撥水性がかなり落ちていたので
暇を見て撥水スプレーを施しておきます。

DSC_2087_convert_20171024181406.jpg

これを使ってますが定期的にやってないとどうなんでしょうかね??

上川で使ったテントではいまいち撥水してなかったようなので今回はかなりたっぷりと散布しておきました。



今回のキャンプではオーソドックスに張ったので、次回は張り綱とポールを何種類か持っていってアレンジを
変えて張ってみたいと思ってます。
(まだ懲りずに行く気www)










Category : カングー
Posted by バル1400 on  | 6 comments  0 trackback

オホーツクでキャンプ!! 後編

・10月8日(日)

昨晩は星空と焚火を堪能し、23時過ぎには風も収まって最高のロケーションとなったことで
これは全然寝れそうもないわ!!

なんて言ってのに、その後すぐに爆睡してキャンプ2日目です。


DSC_1961_convert_20171014114236.jpg

キャンプサイトから湖はあまり見えませんので、少しお散歩がてらコムケ湖を見学。

もう少し歳をとったらバードウォッチングなんて趣味も良いなとか思ったりしますが、まだちょっと
無理かな(落着きがないので・・・)


DSC_1964_convert_20171014114314.jpg

DSC_1965_convert_20171014114343.jpg

ぼくの持ってるスキレットだと2合炊くのがMAX。
ごはんを炊くだけでもキャンプだとなぜか楽しいもんですよね。


DSC_1966_convert_20171014114412.jpg

ただのレトルトカレーですが、ごはんが美味いので満足度も高い朝食。
(自己満足ではある)


コムケ湖キャンプ場は値段もお安くて気に入りましたが、すぐ近くにお風呂がないというのがちょっと不便かも
しれません。

あとトイレはひと昔前のキャンプ場スペックなので女性・子ども的には評価が悪いかもしれませんね。


あにと紋別市まで移動して「オホーツク氷紋の駅」という施設内にある紋太の湯にてお風呂。

DSC_1967_convert_20171014114441.jpg

ちょうどイベントをやっていたのでたくさん車が集まっていた中、過激な駐車をキメるプリウスにみんなが大注目。



DSC_1968_convert_20171014114510.jpg

風呂でリフレッシュした後はあにが行ったことがないというので出塚水産株式会社へ。

会計後、その場で揚げてくれるシステムとなっておりお持ち帰りでも店内で食べていってもOK。
もちろん揚げない状態で持ち帰ることも可能です

2階に食事スペースがあるので、そこでペッパー君の独り言を聞きながら食べることが出来ます。


揚げたて最高に美味いです!!


紋別は日帰り圏内からは外れてしまうのでなかなか来る機会は少ないんですが、ここは紋別へ来たら
外せないスポットとなってます。



出塚水産で食事後、上川にて長期出稼ぎ中の隊長も本日コムケ湖にて合流することになっていたので
紋別にて少し食糧の買い足しをしてキャンプ場へ戻ったのですが隊長はすでに到着済でした。


DSC_1971_convert_20171014114533.jpg

隊長がはらぺこだというので少し早めの夜ご飯を開始。
今日はダッチオーブンを使っての鍋。


DSC_1973_convert_20171014114627.jpg

市販の坦々鍋のもとを使ってとりあえず鍋を作ったんですが、


DSC_1974_convert_20171014114652.jpg

結局はインスタントラーメンの麺をぶち込んで安っぽい担々麵へ(笑)
隊長がつまみに買ってきていたキムチと煮卵も投入してちょっと豪華になりました。



DSC_1976_convert_20171014114711.jpg

早寝すると言っていた隊長もすっかり焚火の番人と化して薪を投入しまくってました(笑)

(ここのキャンプ場は薪を無料で使用できるのも評価が高いです)



DSC_1978_convert_20171014114734.jpg

DSC_1979_convert_20171014114801.jpg

ダッチオーブンらしい使い方もしてみようということで冷凍食品ですがピザも焼いてみました。
こりゃ楽しい!!


という感じで、食ってばっかりのキャンプとなってしまいましたが、楽しい時間はあっという間に過ぎて
2連泊もしたのにもう帰る時間・・・



DSC_1982_convert_20171014114816.jpg

キャンプすると、必要だと思うものがハッキリしてしまうので物欲が止まらないのが最大の問題・・・

言うまでもなく帰宅後、兄弟はネットで買い物を加速するわけです(笑)



この旅でカングーは5000km突破!!

一回目のオイル交換を済ませましたが、ここまでノントラブルですよwww


毎年の事なんですが、7月~9月のガソリン代とETCの請求がやばいです(ToT)
その分冬はひきこもりなので良いんですけどねー。


おしまい



Category : カングー
Posted by バル1400 on  | 2 comments  0 trackback
このカテゴリーに該当する記事はありません。