MotorCycle Diary And More | 『ZZR1400』 『XR250』 と暮らす日々の日記

オホーツクでキャンプ!! 前編

もともと好きだったキャンプですが身近に熱量の多い人が居ちゃうとついつい感化されるもんです(笑)

あにと上川でキャンプをした際、もう一回くらいどこかで一緒にキャンプをしようと約束をしていたので
10月7日(土)~9日(月)の三連休に決行することにしました!!
(もちろん、一般的感覚では寒い季節に入ってますのでお互いの家族は誰も参加せずw)


・10月7日(土)


DSC_1928_convert_20171014113722.jpg

ミニバンに1人でキャンプへ行くとなると、ついつい色々と持って行ってしまいます。
とはいえ、今回は2連泊なので多少荷物が多くても良いでしょう。


DSC_1931_convert_20171014113810.jpg

DSC_1929_convert_20171014113751.jpg

ちょっとだけ遠回りにはなりますが、安定の味噌精肉店にて肉を仕入れます。
今シーズンは3回目の来店と頻度が多い(笑)


DSC_1933_convert_20171014113829.jpg

北海道の10月頭にしては気温高め。
これなら家族が来てもそれなりに楽しめたかもしれないなと思いながら、網走湖・能取湖と走り抜けて
オホーツク海側にあるサロマ湖のキムアネップ岬キャンプ場へ到着。

今回はお互い200kmちょっとくらいの位置になるこの辺りのキャンプ場で落ち合おうということになり
まずは我が家側から近い最初のキャンプ地を偵察。



DSC_1938_convert_20171014113920.jpg

トイレや炊事場などの施設も使えるので問題なし。
ここは数年前にもキャンプをしたことがあるので良い場所なのは知っていたものの、


DSC_1937_convert_20171014113903.jpg

DSC_1939_convert_20171014113949.jpg

ロケーションが最高の代償として吹ふきっさらしになる為、本日の強風ではかなりきびしいキャンプとなることが
予想されます・・・

キムアネップから40kmくらい北上した所にあるコムケ湖キャンプ場に着いていたあにから連絡があり、
コムケ湖は風も遮られていて環境は良さそうだというわけで今回はコムケ湖にすることにしました。

サロマ湖に沈む夕日はまた今度におあずけということで。


komuke_convert_20171017161635.jpg

結局、片道220kmくらいでの合流ということになりました。



DSC_1940_convert_20171014114004.jpg

コムケ湖キャンプ場も芝への乗り入れはできないですが、割と近くまで車を付けられるので気にならない
レベルでした。

料金も一泊200円となかなかリーズナブル。
大量に荷物を出したい我々としては、場所によってはとんでもない金額となる可能性がありますので
なるべく安めのキャンプ場が必須。


DSC_1943_convert_20171014114021.jpg

DSC_1946_convert_20171014114048.jpg

必然的にぼくが調理担当となり、1日目の夜飯はホタテときのこ・ホタテと茄子のアヒージョをつまみながら
酒を飲みつつ、適当に肉を焼いて食べました。


DSC_1948_convert_20171014114139.jpg

DSC_1950_convert_20171014114159.jpg

今回投入したニューアイテムユニフレーム ファイアグリルです。

数年前から焚火台はずっと欲しかったのですが、スノーピークの焚火台はちょっと高過ぎだったので踏ん切りがつかず・・・

前回のキャンプ後、季節的にも買うなら今だよなとリサーチした結果、ユニフレームが値段も含め一番
納得の内容だった為購入してみました。

使用してみた感想は、本体及びロストルは熱によって若干の変形があったものの、これは商品サイト内でも
ちゃんと書かれていますし、使用上問題があるほどの範囲では全くないです。

綜合的に考えて限りある予算だとこちらの方が経済的だし、機能としても十分役割をはたしてくれ大満足。

やはり春や秋のキャンプには焚火が必須ですね。
(もちろん冬もw)


つづく


スポンサーサイト
Category : カングー
Posted by バル1400 on  | 0 comments  0 trackback

旅行がてら家族全員で車中泊

様々な困難を乗り越え、無事に装着できたルーフテントを活用するべくお出かけです。

・9月15日(金)

それぞれ仕事や学校を終えてからの出発の為19時30分に家を出ます。
お決まりの道東自動車道から道央自動車道、苫小牧にある樽前SAまで走ったところで本日は
移動終了をし車中泊をキメる!!


DSC_1769_convert_20170927123636.jpg

3連休とはいえ、やはり前日の夜に少しでも移動をしておくと、その後の行程に余裕ができるのがメリット。
そういう点で車中泊ってキャンプ場探し&テント設営の手間もいらず本当に便利です。


DSC_1773_convert_20170927123712.jpg

ルーフテントを実際に使ってみた感想としては、テントでいうところのフライシートがない状態で寝ているので
布が一枚ゆえに外気温の影響は大きめ。
この時期の北海道だと朝晩の冷え込みが厳しくなってきてますのでシュラフの性能がカギを握りますが、
当然それは想定内なので問題なし。

あと音ですが、SAに泊まるということでまわりの車のエンジン音や本線での走行音はうるさいです。
これは耳栓等の対策をすれば良いし、そういった場所に泊まるんだから割り切れば良いです。

トラックなんかはエンジンかけたままだったりするので、耳栓必須かな。


あと、車の中で寝ている家族が寝返りをうつと上も揺れます(笑)
(上で動くと下も揺れるらしいけど)


・9月16日(土)

DSC_1775_convert_20170927123749.jpg

朝5時過ぎ、出入りする車が多くなり、外の音が気になって目が覚めました。
翌朝の利便性を考えて、セイコーマートのあるSAを選んだ以上、車の出入りが多めなのはしょうがないです。

5時間くらいの睡眠でしたが、シートをリクライニングして仮眠をとるのに比べては格段に疲れは取れるでしょう。


本線に戻って伊達まで進んでから高速を降ります。

DSC_1782_convert_20170927123836.jpg

伊達の街のマクドナルドで朝マックを食べて、伊達温泉にてお風呂に入り活動準備。

事前リサーチで朝8時から入浴できる為、ここを利用しましたが朝からやってる以外は特におすすめは
ないかな・・・

久しぶりに10円を入れるドライヤーを使いました(笑)

温泉の奥には昭和新山が見えます。





DSC_1785_convert_20170927123924.jpg

DSC_1789_convert_20170927124004.jpg

お風呂で用意を済ませてからは娘のリクエストでルスツリゾートまで移動。

いきなり、ルスツにある中で一番の絶叫マシンに乗ってしまいフラつきながらも次々制覇。



DSC_1807_convert_20170927124046.jpg

DSC_1809_convert_20170927124122.jpg

ロープウェイでスキー場の上まで行ったのが一番楽しかったかも(笑)

15時くらいまでルスツで遊び、水を汲む為に京極町のふきだし公園へ寄り道。

DSC_1811_convert_20170927124145.jpg

こっちへ来た際には毎度寄ってる嫁的パワースポットらしい。
(ここの水自体は全道のセイコーマートでも売ってるんだけどね・・・)


その後は倶知安から小樽へ移動。毛無山の赤井川国道って実は初めて走ったんですが北海道には珍しい
綴ら折れのコーナーが連続でバイクで走ったら楽しそうだったなぁ。


DSC_1814_convert_20170927124220.jpg

小樽到着後は、運河近くの一泊駐車しても600円の駐車場をキャンプ地とし、観光開始。
運河沿いを散策し、ちょうど良い時間となったので小樽 若鶏時代 なると 本店までタクシーで移動。


DSC_1815_convert_20170927124246.jpg

DSC_1820_convert_20170927124320.jpg

この半身揚げが食べてみたかった!!

地元の人が法事のあとにみんなで食事をするようなお店だった所に、噂を聞きつけた観光客がどっと
集まっているといった印象(自分たちもその中のヒト団体ではあるw)

なるとは噂通り、人気なのが納得のおいしさでした。



DSC_1823_convert_20170927124349.jpg

小樽港近くの駐車場で一晩中漁船のエンジン音を聞きながら一泊。


・9月17日(日)

DSC_1825_convert_20170927124420.jpg

この日は札幌にて家族のお買い物DAY。

ていね温泉ほのかにて身支度を整えてから事前にリサーチしていた店を回って行きます。

※ここから先は買い物メインの活動なのでさらっと終わらせます。


DSC_1827_convert_20170927124450.jpg

嫁のメインイベント、多肉植物専門店にて散財(笑)

その後は某ローカルタレントが、もはや香川県までうどんを食べに行かなくても良くなったとまで言った
さぬきうどんのお店へ移動します。


DSC_1828_convert_20170927124515.jpg

西区山の手にある手打ちうどん 寺屋さん。

開店30分前に到着したので2番手でスムーズに入店できましたが、連休中ということもあってか開店前には
長蛇の列でした!!

計画的に行程組んでてよかったwww


DSC_1829_convert_20170927124542.jpg

この番組にて「札幌アワード2017」 第一位に選ばれました。


DSC_1831_convert_20170927124614.jpg

たしかに美味い!!

うどんもおいしかったし、おでんも美味しいお店でした


その後は予約していた札幌駅北口側のホテルに車を停めて買い物(付き合い)スタート・・・

DSC_1832_convert_20170927124652.jpg

HALさんのお土産にこれを買ってやると言いましたが、ファッションショーをやる勇気がないのでと
断られましたwww

札幌で散財させられホテルにて一泊。



・9月18日(月)

DSC_1839_convert_20170927124810.jpg

帰る日ですが台風の影響にて高速は通行止めとなってしまったので天候が回復する夕方まで札幌にて
時間つぶし。



DSC_1837_convert_20170927124732.jpg

雨なので先に妻子を降ろしてから、駐車場へ移動していると後ろでこんなことに・・・orz


市内を車でうろつき、北広島のアウトレットモールまで移動してさらに買い物・・・
そうこうしているうちに16時前には高速通行止めも解除となった為、無事に帰ってきました。


共働き&子どもの部活動もあって、今シーズン家族全員が揃って泊まりでのお出かけはこれが初でした。
移動距離は870km、ルーフテントのおかげで時間効率良く楽しんでくることが出来ました!!



Category : カングー
Posted by バル1400 on  | 2 comments  0 trackback

カングーにルーフテント装着っ!!

前置きとして。

DSC_1688_convert_20170912125059.jpg

カングー購入の際、新たなルーフボックスの購入も検討したものの、予算の都合もあり以前から使っていた物を
やはり再利用することに。(カングー納車祝いにシルバーに塗装してもらった)

ダウンロード

前の車では、割と広く出回っているスクエアバーを使用していましたが、カングー純正ルーフバーの形状は・・・


8410875968_6af8ea4f7e_z_convert_20170912124022.jpg
(画像は拾いもの)

スーリーのTトラックが使用できるタイプと同企画の、真ん中にスリットが入っているタイプ。

スクエアバーより幅が太くなってしまった為にルーフボックスの固定金具も今までの物が使用できず、隊長が
ホームセンターで適当な材料を買ってきてくれ、幅広になったバーにも固定できるようにしてくれました。


ここまでの話を踏まえて、本題へ移ります。




家族で車中泊の旅に行きたいのですが、カングーでの車中泊で快適に寝るにはスペース的に2名が限界。

そこで、隊長が所有しているルーフテントを借りて、一人が屋根の上に寝ることで3人で車中泊(上の人は外だが)
行けるんじゃないかなと。

借用許可は降りたものの、隊長のルーフテントを実際にちゃんと見たことがあまりなかったので固定金具など、
どうなっているのか全く不明。


<DAY1>

HALさんとはろはろ村上さんを誘って土曜日の夜に隊長の秘密基地まで行ってみることにしました!!

DSC_1733_convert_20170911124412.jpg

実物を見てみると、固定の金具幅が冒頭に書いたスクエアバーサイズだということが判明。
なんとか装着出来ないかとHALさんが幅を広げたりしてくれましたが、今日のものにはならなさそうなので
この日はルーフボックスを外しただけで作業としては終了。



DSC_1735_convert_20170911124441.jpg

帰りは3人でコタン温泉の露天風呂に入って帰宅(笑)



<DAY2>

翌日の日曜日、ホームセンターにて幅が広いコの字型の金具を探してみると、


DSC_1738_convert_20170911124530.jpg

ちょうど良さそうなものを発見!!

ちなみにカングーのバーの幅は約570mmくらいで、売ってたこれは約700mmだったかな。(650mmかも)


必要な金具一式を購入し、この日は家族で秘密基地までドライブがてら行ってみました。

DSC_1739_convert_20170911124551.jpg

今回こそばっちり装着できるかなーと思ったのですが、今度は金具が長すぎて屋根に干渉してしまう・・・
実際に合わせてみないとやっぱりピンとこないもんです(-_-;)

このままではもちろん使えず、金具のカット&タップの切り直し作業が必要となるので本日も装着できず・・・

秘密基地からの帰路、HALさん宅へ寄って金具の加工を依頼してDAY2終了です。



<DAY3>

1505101653692_convert_20170911130141.jpg

月曜日の仕事中にHALさんより加工終了の連絡が入りました。

装着を手伝うなら仕事の都合上、今夜しかチャンスはないとのことなのでまさかの3日連続チャレンジ!!

ちなみに、秘密基地までは我が家からHALさんうち経由で走ると片道95kmあります(笑)
これを3日連続走るというwww


DSC_1741_convert_20170912123506.jpg

DSC_1743_convert_20170912123530.jpg

さすがに専用加工してもらった金具は寸法もばっちりで全く問題なくバーへと乗せることが出来ました。
今日は早々に作業を終わらせて帰れるかなと思ったものの、次なる問題発生。


1505186657305_convert_20170912123415.jpg

1505186651930_convert_20170912123404.jpg

実際作業をしてみると、サイドからは全く手を入れられるクリアランスがないことが判明・・・

写真のように後ろからと前から、なんとかナットを回そうと試みるものの、手元は全く見えないし狭くて片手が
ようやくなので、片手でプレートを抑えながらナットを回すという高度な技を要求されて大苦戦(T_T)

あーでもないこーでもないと二人で試行錯誤しながら、それでもなんとか知恵を出し合い(HALさん8割)
どうにか4カ所の固定が完了しました!!



DSC_1745_convert_20170912123555.jpg

DSC_1748_convert_20170912123630.jpg

ついに屋根の上にてその姿を見ることが出来たっ!!


ああ、ここまで長い道のりだった・・・

HALさん、はろはろ村上さんお疲れさまでした!!



DSC_1750_convert_20170912123644.jpg

自宅までの95km、何事もなく走れたので装着は成功したようです!!
(定期的増し締め用に車内には13mmのギアラチェットを常備w)


週末は家族全員揃って久しぶりに連休が取れたのでテント活用して出掛けてきますm(__)m






Category : カングー
Posted by バル1400 on  | 7 comments  0 trackback

カングーお試し車中泊

・7月15日(土)

音威子府から天塩川に沿って40号線を北上して幌延を目指します。
車通りは少なく快走ではあるものの、たまにレーダーパトも居るのでほどほどに
気を付けながら走って幌延到着。

あに一家をカングーに乗せてテストドライブでどこかへ行きましょうかと出発。
幌延といったらトナカイ牧場か。

でも何度も幌延へ来てるのにトナカイ牧場へ行くのは実は初めてだったりして(笑)

DSC_1367_convert_20170724212922.jpg

DSC_1369_convert_20170724213021.jpg

DSC_1377_convert_20170724213115.jpg

これは意外にも、なかなか面白かった!!
トナカイのツノって毛が生えてるなんて知らなかった(笑)


トナカイ牧場で食事も出来るのですが、幌延は合鴨が有名らしくおススメの鴨南蛮を食してみました。
(また蕎麦っ!!)

DSC_1363_convert_20170724212845.jpg

これがまた美味い!!

嫁さんの頼んだものなども味見しましたが、鴨南蛮以外のメニューもなかなかおいしかった。
こういった施設に併設されている食事処ってイマイチな印象を受けるところが多い気がしますが、ここは
なかなかレベルが高いと思います。

食事後、あに一家を家へ送って移動開始。14時くらいだったかな。

しかし、睡眠時間3時間で朝の4時くらいから活動している為、さすがに疲れが出てきてしまいました。
今晩の宿泊地を道の駅 かみゆうべつ温泉チューリップの湯に決め、まあそこまで到達出来なかったとしても
適当に泊まってしまおうと考えて出発します。この辺の柔軟さが車中泊のメリットですね。

kamiyuubethu_convert_20170729095546.jpg

オホーツク海側へ出るルートは若干の遠回りではあるものの、行きで走った国道40号線を戻るよりは
車も少なく快走だとあにからのアドバイス。

DSC_1384_convert_20170724213214.jpg

DSC_1385_convert_20170729100521.jpg

浜頓別へ抜け、オホーツク国道へ出てからは運転を交代して嫁さんにバトンタッチ。
本人、マニュアルでも運転できると豪語してカングー購入を後押ししてきたものの、停止時からの出発では
あまりにアクセルを唸らせるので口うるさく注意。

寝不足も相まってお互い険悪になりつつ南下しまーす・・・


疲れて雄武や紋別で、もうここで泊まっちゃおうかと思ったものの立地条件が整ったベストポイントまで
なんとか頑張って走って(いや走ってもらう)本来の目的通り、かみゆうべつ温泉へ無事に到達しました。

ここにこだわった理由は、やはり道の駅に温泉が併設されている点です。
駐車場も広く、歩いてお風呂へも行けるというのは車中泊ではかなり好条件ではないかと思います。


DSC_1387_convert_20170724213244.jpg

DSC_1391_convert_20170724213326.jpg

入浴後、ビールを飲めば先ほどまでの険悪ムードは解消されて和平締結。
車へ戻ってからも外気温が高いので買っておいたビールを外で飲んだりして。

カングーですが、とりあえず車中泊してみて、それから必要なものを購入しようと思っていたので
即席のすだれによるプライベート確保。


DSC_1395_convert_20170724213402.jpg

汚くてすみません・・・

フラットにしたフロアにスノピのアメニティドーム用のフロアマットを敷き、その上にエアマットで寝床を作成。
トノカバーの上に荷物を置けば二人なら十分寝れるスペースは確保できました。

とりあえず2人寝るだけならこれでなんとかって感じですが改善点も見えました。


・7月16日(日)

DSC_1397_convert_20170724213447.jpg

DSC_1398_convert_20170724213524.jpg

昨晩は、早朝からの移動と風呂&アルコールによって朝まで熟睡出来ました。
ここの道の駅、思った通りかなり良い場所でした!!


さて、日帰り活動圏内の上湧別まで来てますから、あとは家に帰るだけなんですけどせっかくなので
寄り道をして帰ります。


DSC_1400_convert_20170724213555.jpg

一旦北見市内を通過し、わざわざ向かった場所は。


DSC_1401_convert_20170724213638.jpg

2週連続の味噌精肉店ですが、まさかの臨時休業・・・


これにはがっかりでしたが、しょうがないので北見市内へ今来たばかりの道で戻ります(T_T)


北見市内まで戻って、嫁さんリクエストの、

DSC_1402_convert_20170724213710.jpg

緑化産業さんへイーン!!


友達が店長さんと知り合いで以前よりおススメされていたのですが、ようやく来店することが出来ました。
嫁さんは多肉植物集めが趣味なので仕入れて更に移動。


DSC_1405_convert_20170724213815.jpg

それにしても北見暑い!!

横浜へ単身赴任中のfogさんが自宅に帰っていたのでご尊顔を拝見に伺ったのですが、fogさんの奥さんも
多肉植物が趣味ということで嫁同士を顔合わせ。

しかし、fog嫁の極め具合にうちのは度肝を抜けれてました(笑)

神の領域だそうですwww


北見盆地祭りの花火大会が中止になるほどの大雨が降ったようですが、当たる前に北見を脱出!!

fogさん、突然の訪問でしたがありがとうございましたm(__)m


DSC_1403_convert_20170724213751.jpg

DSC_1422_convert_20170724213921.jpg

その夜は友達一家と一緒に、fogさん一押しのときわ精肉店さんで仕入れたお肉で焼肉っ!!
北見のマルホルと、ときわ精肉店の生タレが癖になりそうな美味さでした


それにしても、なんだかんだで約1000kmも走って来てしまいました(笑)
車の入れ替え、色々悩みましたがカングー買って正解だったと思います!!

Category : カングー
Posted by バル1400 on  | 4 comments  0 trackback

カングーお試しドライブで道北へ

納車した週の週末になるので少し前の話ですがさっそく長距離ドライブへ行ってきました。

・7月14日(金)
居ても立っても居られなくて金曜日の夜から出発(笑)


DSC_1343_convert_20170724212235.jpg

今や付いてて当たり前のクルーズコントロールですが、我が家の車としては初なのでかなり嬉しい。
高速ではやっぱりあるに越したことはないですね。

時代はACC当たり前なので、このくらいで感動してるのが遅れてますけど(笑)

DSC_1340_convert_20170724212211.jpg

でもMT車にクルコン設定あるって、カングーで初めて知ったのでちょっとびっくりしました。
何速だろうが、設定速度まで加速してそのまま走るってだけではあるけど。
(たしか最低速度があるはずなので、あまり低い速度だと発動しないようです)

ブレーキ操作かクラッチ操作でキャンセルになります。


DSC_1345_convert_20170724212323.jpg

行先は特に決めてませんでしたが、本別ICで高速を降りてそのまま足寄、糠平と進み三国峠へ。


DSC_1346_convert_20170724212359.jpg

層雲峡のセブンイレブンで停車した時にはすでに虫だらけ。
でもセブンイレブンの方がとんでもない虫の量で、蛾の研究してる人なのか趣味なのかはわかりませんが
採取してる人までいたくらいでした。

その後もう少し走って上川辺りでついに力尽き仮眠。
200kmくらい走ったかな?


・7月15日(土)

農家の倉庫前で仮眠させてもらってたのですが4時前にはお仕事の方が出勤されたようでおじゃまになっては
いけないと移動開始。

DSC_1349_convert_20170724212435.jpg

剣淵の道の駅で少し休んでから、士別町にある朝7時から日帰り入浴が可能なホテル美し乃湯温泉まで
移動して入浴&身支度完了後、なんとなく北上して名寄まで移動しました。



DSC_1354_convert_20170724212541.jpg

DSC_1356_convert_20170724212704.jpg

名寄の道の駅に寄った際には必ず食べるいちご大福。
しかし、この配置だと先にいちごを食べてしまって、その後ただの大福を食べるというパターン。


DSC_1355_convert_20170724212619.jpg

名寄にて夏到来を実感。やっぱり東側より暖かい地域は違いますねー


ここまで来たらもう一カ所寄って食べておきたいものがあるので更に北上して音威子府まで移動。
朝一から走って130km、どんどん北上してしまってるけど大丈夫か??
とは言え、道北なんてそうそう来ないしまあ良いか。


DSC_1359_convert_20170724212800.jpg

DSC_1358_convert_20170724212733.jpg

更に北上した目的はこちら、音威子府駅の中にある「常盤軒」のかけそば!!

日本で一番美味しい駅そばと言われてるとかいないとか(笑)

北上した際には割と寄ってますが、たしかに美味しいです!!
(あくまで駅そばですよ)

それにしても駅の駐車場がほぼほぼ満車だったのですがみんなどこへ行ったのだろう・・・


さて、ここまで北上したら「あに」の所にも顔を出してカングーを見せてこようというわけで
更に幌延まで北上だ!!

horonobe_convert_20170728132037.jpg

自宅から400kmっ!!


こうやって改めてみるとすごい距離ですねー
やっぱり道北は遠いなぁ。

ここで一旦終了

Category : カングー
Posted by バル1400 on  | 0 comments  0 trackback
このカテゴリーに該当する記事はありません。