MotorCycle Diary And More | 『ZZR1400』 『XR250』 と暮らす日々の日記

HONDA導入


地球の裏側にいった友達はいないバル1400が久方ぶりに戻ってまいりました。


9月から新しい職場で働いておりますが、全くの異業種へと転職したので日々大変なことの連続で
ブログを更新するような気力も活動もほとんどなかったのですが、3ヶ月が経ち、少しは馴れてきたのと、
本日から年末のお休みに入ったので久しぶりに記事でも書いてみることにしました。


DSC_0543_convert_20161230152939.jpg

例年に比べると今年は12月の雪が多く除雪も大変なので新たなマシンを導入しました!!


DSC_0546_convert_20161230152948.jpg

ホンダさんのユキオスSB800です!!



DSC_0542_convert_20161230152928.jpg

除雪機もあるんですが、ある程度の量を集めてからじゃないと飛ばせないんですよ。
今まではその集める作業を人力で行っていましたが、これがなかなかの重労働でした。

というわけで作業の負担軽減の為に投資してみました。


上記リンク先のホンダのサイト内に動画も出ていますが、実際使ってみても本当に楽に雪を押せるので(マンマ)
とても楽です。

一度これを使ったらもうママさんダンプでの雪集めはしたくないくらい楽になりました。



今日からようやく休みです!!


皆さんもよいお年をお過ごし下さいm(__)m


スポンサーサイト
Category : その他の活動
Posted by バル1400 on  | 8 comments  0 trackback

転機

人生を振り返ると、あそこが大きな転機だったなと思うポイントになるような出来事があるかと思います。
自分にもそんな転機が訪れ色々と考えた結果、現在の職場を6月いっぱいをもって退職することにしました。

さて、幸いなことに有給をしっかりと消化させてもらえることになったのでかなりまとまった休みとなります。

そこで、普通に会社勤めをしているときには行けない所までツーリングへ行ってみることにしました。

DSC03648_convert_20160601213530.jpg

関東より南へ行くとなると、ぼくの住んでいる地域ではフェリーに乗れる場所まで移動で約1日。
そしてフェリー移動に更に1日必要なので、単純に行って帰ってくるだけで4日掛かる計算になります。

更に現地での移動日数を考えると、普通に仕事をしている中での休みでは現実的な場所ではありません。


なので今回、思い切って西日本ツーリングへと旅立ちます!!
(まだ確定してませんが、帰路で関東方面にも足を延ばす可能性あり)


次回記事から、ツーリング準備へと移りますm(__)m




Category : その他の活動
Posted by バル1400 on  | 

キャンプアイテムの追加

3月末の道東自動車道延伸により札幌が日帰り圏内となり、ちょろちょろと遊びに行ってます。

バイクネタのないので、札幌へ行った際に購入した物をちょっと紹介。



まずはストーブから。


DSC03475_convert_20160418201555.jpg

SOTO レギュレーターストーブST-310

こちらを購入した理由は二つあります。



1、一般的に入手しやすいCB缶を使用

DSC03482_convert_20160418202448.jpg

アウトドア用ストーブでは一般的にはOD缶を使用するタイプが多いのですが、アウトドア用品店やホームセンター
などでは取り扱いがされているものの、どうしても小さな町の商店なんかでは入手がしずらい物になります。

僕の場合は使いかけで残量があっても、次の時にはまた新品を持っていったり、荷物に余裕があるときには2個を
持っていったりしていましたが、やはりバイクツーリングではなるべく荷物は減らすに越したことはないわけです。



2、使用時の安定感が良い

DSC03478_convert_20160418201634.jpg

ガス缶が横向きにセットされることやバーナー自体の安定感が良さそうで使いやすそうであるのも魅力です。

キャンプ地で調理を行う地面の条件は様々です。携帯しているテーブルはもちろんありますが、芝の上などでは
必ずしもしっかりと並行になるとは限りません。

DSC03483_convert_20160418202502.jpg

DSC03485_convert_20160418202528.jpg

下の安定感がイマイチの場合、このように高さがあるので気を付けないと倒れてしまう可能性が高まります。
その点ST-310は重心が低く、4か所の足が直接コッヘルを支えているので安定感が高いように感じます。
(※実際倒した事はないんですが、なんとなくハラハラとするのを解消したかった方が大きいかも)


DSC03488_convert_20160418202917.jpg

しかし、パッキング時のサイズでは今まで使用していたスノーピークのバーナーに分がありますし、コッヘルの
サイズが中にOD缶を収納できるサイズになっているので最小限のスペースでの旅となると選択肢は変わります。

バックパックを背負っての登山や歩き旅ではなくバイクでのツーリング。特に旅が長くなればなるほどST-310の
方がメリットが大きいのではないかと個人的には考えます。





続いてもまたSOTOの製品。
※昨年の夏に一緒にキャンプをしたバイク龍人さんが使用していたのを見て以来欲しかった製品

DSC03470_convert_20160418201514.jpg

スライドガストーチST-480

これはガスが充てん出来るというメリットも嬉しいですが、なんといってもこのギミックかと。

DSC03471_convert_20160418201527.jpg

DSC03473_convert_20160418201542.jpg

ライターだとストーブなどに点火をする際に付いた瞬間、指が「アチッ!!」ということがあるんですよね・・・
これだけ火口が伸びてくれるとそういった心配は減ると思いますし、縮めるとライターサイズになるのが素晴らしい。

ストーブ自体にも点火スイッチは付いていますが、すでにコッヘルをバーナーの上に乗せてると押しずらい時があります。
あと点火スイッチを使いすぎると故障してしまうリスクも高まってしまいます。
(実際スノピのストーブの方15回くらい押してようやく1回付く状態になってます)

故障に関しては人それぞれの考え方があると思いますが、自分は身近にすぐ修理に出せるショップがない環境の為
そのままになっていることを思えば、頻度を控えるメリットはあるかと思っています。







続いては虫除けです。

DSC03467_convert_20160418201433.jpg

DSC03468_convert_20160418201447.jpg

アウトドア キャンドル
(虫が嫌うといわれる香りシトロネラのオイルを配合したアウトドア用キャンドル)

ファミリーキャンプ用にLサイズと、ソロツーリング用に小さいのを購入しました。

一昨年の夏だったと記憶してますが、丸瀬布でキャンプをした際に隊長がこれを持ってきていたのですが、
キャンドルを付ける前と後では虫の寄り付きが全く違いました!!

虫の種類にもよるのかもしれませんが、その時は感動するほど静寂が訪れたのを記憶していましたので、
秀岳荘にて同じ物を発見し購入してきました。
(あくまで個人の感想です!!騙されてもいいやと思う人は買ってみてください笑)









いつになく長文をダラダラと書いてしまいましたが、最後にこちら。


DSC03469_convert_20160418201501.jpg

エッグホルダーですwww

前にも買ったことがあるんですが、どっか行っちゃいまして・・・
こういうのは見つけた時に買わないと、意外と欲しい時に売ってなかったりしますよねm(__)m



Category : その他の活動
Posted by バル1400 on  | 2 comments  0 trackback

せたな経由で登別からの苫小牧でイングラムデッキアップ!!(そして帰路)

・8月7日(金)

本日は登別に宿を予約してあったのでキャンプは撤収し移動となります。

泊村から最短で登別まで行くには内陸の黒松内町から国縫ICで高速に乗り一気に移動してしまうのが
楽なのですが娘のリクエストで「せたな町」経由で移動することとなり、海岸線沿いに遠回りルートとなりました。

day3map_convert_20150820175147.png

ひらがなが読めるようになった幼稚園頃から、北海道の天気予報を見ると唯一読めるひらがな表記の「せたな」
という町にいつか行ってみたいという思いがあったらしく、今回が絶好のチャンスというわけらしいです。

まあ娘のそんな長年の夢を叶える為なら少々の遠回りも我慢しましょうというわけなんですが、実は奥さんからは
昨日せたなへ連れてけという催促もあったんすよ・・・

行程無視の無謀な注文は当然却下させてもらいましたが、奥さんが行きたがった目的はこちら。

DSC_1182_convert_20150817170542.jpg

DSC_1183_convert_20150817170558.jpg

甲田菓子店の岩シューを買いに連れてけ!!ということで、なんでもこの岩シューは曜日限定販売の更に
賞味期限1時間という色々と制約の厳しい食べ物だそうです。

月・木・土・日・祝日にしか販売されていないらしく、本日は金曜日。だから昨日連れてけと言ってたんですね。
まあ行程を考えれば二日連続でせたなまで来るなんてバカバカしいので却下当たり前なんすが。

しかも、これはどうみても釧路で買えるぷちどーるのパイシューに酷似しとりますなwww


DSC03417_convert_20150817171459.jpg

せたなB&G前の海岸で少し遊ばせてもらって、今金町の北檜山温泉で日帰り入浴をしたりとダラダラしてると
時間がいつの間にか結構経ってしまってたんで、こりゃ一気に登別まで行かねばというわけで国縫ICから
高速に乗って一気に登別まで移動しちゃいました。

DSC_1186_convert_20150817170618.jpg

一部の間では有名な鬼にニヤリw


1.jpg


というわけでこの日は登別万世閣に一泊し、久しぶりの布団でぐっすりと休息を得たのでした。



・8月8日(土)

さて、今回の行程でどうしても苫小牧に寄る必要があったのです。なぜなら苫小牧のお祭りになんと!!


DSC02693_convert_20150817170214.jpg

DSC02689_convert_20150817170148.jpg

DSC02692_convert_20150817170200.jpg

実写化された劇場版パトレイバーの撮影に実際に使用されたAV98式イングラムがやってきていたのでーす!!

小学生の頃、結構好きだったんですよパトレイバー。(そんなもん知らんという人はこちらへ

土曜日一回目のデッキアップイベントに間に合うよう登別を出発したのでちゃんと見る事ができました。




スマホで撮影した動画ですが貼っておきます。


DSC02705_convert_20150817170227.jpg


良い物を見れたと(父親のみ)大満足!!

しかし今回の旅最大のイベントが終わってしまいました・・・
まだ時刻は昼前、しかし苫小牧でこれといって寄りたい場所も思いつかず家族会議。

このまま一気に高速で釧路まで戻ってもよかったのですが、明日も休みなのでまだ帰りたくないという
意見が挙がった為、急きょ帯広の義母の家に泊まりに行く事になりました。
(まあ想定はしていたので行くかも・・・とは言ってあったw)


苫小牧~帯広は180kmくらいと、まあ高速で走るほどの距離でもないので下道からだらだらと帯広へ。

時期も時期だけに鵡川、平取、日高、日勝峠と中途半端なペースで車列は進んで行きました・・・

それにしても高速道路が繋がってからというもの、ホントに日勝峠とか通らなくなったもんです。

DSC02711_convert_20150817170241.jpg

このヒグマのオブジェ、なんか色が薄くなった気がするなぁwww

シートベルトをしてるようになんか付けられてるし。お前も色々大変なんだなぁとシミジミ・・・


15時くらいには帯広に到着し、義母宅で休憩し夕方には近所の居酒屋へ移動。

DSC_1210_convert_20150817170658.jpg

居酒屋のテレビでは甲子園で帯広白樺高校が戦っておりましたが、旅の疲れで早々にダウンしちゃいました。



・8月9日(日)

帯広からの帰りにどこかへ寄ろうかなんて話もありましたが、キャンプ道具の片づけを考えるとさっさと終わらせたい
気持ちが勝ってしまい8時に出発し10時には自宅へ到着し今回の旅は終了。

おそらくですが、今回は1300kmくらいの移動距離だったと思いますm(__)m



Category : その他の活動
Posted by バル1400 on  | 2 comments  0 trackback

雨雲と共に余市、京極町、ニセコを巡る

・8月6日(木)

天気予報をいろいろ調べるものの、天候がイマイチ読めない感じな一日となりそうな気配。
とりあえず元々の予定通り余市へと向かう事にします。

バイク龍人さんと隊長も本日はこのキャンプ場へ連泊して周辺の観光をすることにしたようです。


DSC_1165_convert_20150817170445.jpg

一足お先に出発し、トーマル峠から余市を目指しましたが濃霧で全く視界がありません。
しかしトーマル峠を下ると雨は降っておらずに天気は大丈夫そうでした。

余市の街に着いてから、まずはコインランドリーで洗濯をすることにしました。昨日のテント設営の際にとんでもない
量の汗をかいてしまった服などをそのまま放置しとくのは危険すぎると判断した為です。

2013年に行った余市川温泉宇宙の湯が開くまでにも少し時間があったので洗濯をして時間稼ぎをしてから
開店と共に風呂を済ませて身支度をし、いよいよ観光開始!!

まずはニッカウヰスキー余市蒸留所へ行ってみます。

DSC02646_convert_20150817170053.jpg

DSC02650_convert_20150817170112.jpg

傘が要るか要らないかくらいの微妙な雨が降り出していましたが、まあそれほど支障はありませんでした。
余市蒸留所自体はNHKのドラマ「マッサン」を見ていたので大変楽しく見学することが出来ました!!


その後は奥さんのお気に入り観光地である京極町のふきだし公園へ移動します。
道中はずっと雨雲と一緒に移動しているかのように雨が続きました。

DSC02653_convert_20150817170133.jpg

ふきだし公園へ到着後、最初は雨が降っていなかったのですが途中から傘が必要なくらい降り出してしまった為に
急いで撤収となりました。

急いだせいなのか、娘がアクエリアスのペットボトルをゆすがずに水を汲んだようで、薄いアクエリアス味の名水が
誕生しており、まずくて誰も飲まないという残念な結果となってました・・・


ふきだし公園からニセコヒラフへ移動。
ニセコは外国人に大人気のリゾート地となっていることはテレビなどで見て知っていましたが、行ってみると
本当にそこは外国のようでした。

看板や説明などは英語で表記されているものの方が圧倒的に多く、田舎の山の中で少々異質な空間に感じる
くらいです。アーティスティックな牛のモニュメントが点々と置かれているメインストリートを進み、ウチの奥さんが
どうしても行きたいと言う、

content_010_convert_20150819164826.jpg

ニセコスーパーマーケット&デリに行ってみました。

たしかに、そこら辺の店では当たり前には置いていないような外国産の商品が多く置かれています。
もちろんここは日本なので、日本で売れるものしか取り扱っているわけもなく(おそらくですけど)珍しいけど
ビックリするほど知らないものだらけというわけでもないかなーと言った印象でした。
ここで本日の夕食の食材を仕入れてキャンプ場へ戻ります。


DSC_1173_convert_20150817170519.jpg

本日のキャンプ飯は先ほどの店で買った材料などを使ったレッドカレーとなりました。

この日、夜ご飯を食べた後は神恵内側からトーマル峠へ向かう途中にあるリフレッシュプラザ温泉998という
温泉へ行ってみたのですが、ここの温泉は本当に良かったです!!

場所的な要因もあると思いますが、空いているのに施設の設備やお湯もものすごく良かったです。
強食塩泉も良かったですし、それ以外のジャグジーや洗い場などもとても良いのに500円という
価格もまた素晴らしい。もちろん露天風呂も良かったです。

ちょっと遠いですが、神恵内方面へ行く機会があったら是非とも寄ってみてほしい場所だと思います。


キャンプ場へ戻ってからはスクリーンテント内でみんなで飲んでいると雨が降り出しました。

各テントへ戻ってからしばらくすると豪雨となりなかなか寝付けない時間も過ごしましたが、一応無事に二日目も終了。


day2_convert_20150819171617.png




Category : その他の活動
Posted by バル1400 on  | 4 comments  0 trackback
このカテゴリーに該当する記事はありません。