MotorCycle Diary And More | 『ZZR1400』 『XR250』 と暮らす日々の日記

2017乗り出しメンテ その3

<現在の走行距離22397km>

DSC_0733_convert_20170326105217.jpg

DSC_0756_convert_20170326104647.jpg


1週間前から排出して放置していたエンジンオイルですが、なんとなくキレイだなと思っていたものの
前回の交換からどうやら1000キロしか走ってなかったみたいです。

とは言え、入れてからは丸2年経ってるはずなので交換は必須。




ペール缶で買っていたオイルもストックがなくなったので、

DSC_0669_convert_20170326104606.jpg

これにしてみることにしました。今回は色にこだわってますのでね。


DSC_0761_convert_20170326104707.jpg

DSC_0765_convert_20170326104805.jpg

ホントに緑なんすね(笑)


なんか笑えますがこれはこれで面白いので良いでしょうw


DSC_0757_convert_20170326104624.jpg

DSC_0759_convert_20170326104634.jpg

ZETAのマグネティックドレンボルトも購入してみましたよ。
ボディカラーの赤に合わせてさし色的にねって・・・


DSC_0766_convert_20170326104821.jpg

どうせこの後アンダーカバーの中に隠れるんでさし色の意味はないんです。。。



DSC_0763_convert_20170326104718.jpg

こっちは活きるさし色になってくれそうなトリックスターのオイルフィラーキャップ!!

隊長が見るなり

「田舎臭い!!」


と笑った一品です(笑)



その4へつづく。


スポンサーサイト
Posted by バル1400 on  | 2 comments  0 trackback

2017乗り出しメンテ その2

並行して行っている作業もあるので時系列ではないんですが、項目ごとにまとめて更新してます。

まずはクーラント。
前に変えてからたぶん4年くらい経ってるので交換することにしましょう。

DSC_0720_convert_20170322203931.jpg

人によって考え方は色々ですが、まあ4年も経ってるのでなんとなく気になって交換。

気分転換にグリーンからレッドへ交換したかったのでクーラントが抜けてから何度も水を投入してグリーンが
出なくなってから、お次は排出される液のレッドが濃くなるまで入れてやりましたわ。

自己満足なんでいいんです!!


DSC_0721_convert_20170322203941.jpg

タンクも取り外して清掃してから、


DSC_0722_convert_20170322203952.jpg

アッパーに合わせてクーラントを補充してやって、ラジエターの方も満たしてエンジンをかけてエア抜きを何度か
繰り返してやりました。(それでも一回乗ればリザーブタンクが減ることでしょう)

赤いバイクに赤いクーラントにしたかっただけ!!



続いてエアクリーナーへ。

DSC_0723_convert_20170322204006.jpg

虫たちを取れるだけ取ってきれいにしてから水で洗って乾燥させてフィルターオイルを塗って、



DSC_0747_convert_20170322204033.jpg

DSC_0750_convert_20170322204054.jpg

まんべんなく染み渡ったら戻して終了でーす。



ついでに普段は見えない場所を覗いてみましょうか。


DSC_0736_convert_20170322204114.jpg


あーやっぱりか・・・


数年前にもなってたのでもしかしたらと思ったんですが、やっぱり塩がたっぷりでした。

DSC_0739_convert_20170322204128.jpg

端子の清掃をしっかりして、こいつらも湯に漬けて清掃してからCRCに漬けて2日くらい放置してから組み上げます。


DSC_0744_convert_20170322204149.jpg

バッテリーボックス内もきれいに清掃して元通りに収納。



DSC_0751_convert_20170322204203.jpg

バッテリーを外していたので時計を再セットしたんですが久しぶり過ぎてどうやってやるのかマニュアルを見ながら設定。


自分でやる整備作業はまだ残ってるんでもう少しこのネタで引っ張らせてくださいm(__)m

その3へつづく。

Posted by バル1400 on  | 0 comments  0 trackback

2017乗り出しメンテ その1

前回のメンテ記録を見ると2014年の乗り出しの際に割としっかりと作業をした後丸三年間は
最低限の作業以外は特にしていなく乗りっぱなしだったみたいです。

ここ数年はオフ車遊びが主となっていたことや、ZZRは昨年一回も乗ってないというのもあって、
3年で3000キロちょっとしか走行距離も増えてないんで特にやる必要もなかっただけなんですが、
今年は久しぶりにしっかりとメンテして今後も安心して乗れるようコンディションを整えてやろうと思います。


カウルを外す作業もホントに久しぶりですが、そこは体が覚えてるもんです(笑)

DSC_0715_convert_20170320194758.jpg

色々とやることも多いのでアッパーカウル以外は全部外してしまいます。

車検も切れているのでHIDから純正のバルブへ戻しましょう。


DSC_0718_convert_20170320194808.jpg

数年に一回の作業なので自分の為に配線の証拠を残しておきます。


DSC00416_convert_20140329194456.jpg

純正バルブとコネクタの色、LOWはグリーンでHIはブルーっと。



DSC_0719_convert_20170320194834.jpg

純正バルブの作動、問題なーし!!


お次はプラグ交換なんですが、前回交換から走った距離は少ないもののこういう機会でないと
やる気にならないのでまあ良いでしょう。


DSC_0725_convert_20170320194850.jpg

毎度おなじみ、デンソーのイリジウムプラグです。


DSC_0726_convert_20170320194902.jpg

跨って左側からアクセスする1番は楽勝なのでサクッと交換し次回の為にシリコングリスで抜けやすくしときます。



DSC_0729_convert_20170320194926.jpg

今回は2番のコイルが抜けなくて結構大変でした・・・
スペースが狭いのと片手しか入らないので握力の限界で休みながらちょっとずつ上に引っ張ってなんとか
抜けました。
やはり2年に一回くらいメンテは必要ですね。


DSC_0728_convert_20170320194916.jpg

2、3、4番のコイル、次回少しでも楽になるようこいつらにもシリコングリスを薄く塗っておきます。


DSC_0731_convert_20170320194936.jpg

清掃して再利用してもよさそうではありますが、こんな面倒な作業は2年に1回で十分なので潔く新品に交換。

その2へつづく。




Posted by バル1400 on  | 0 comments  0 trackback

そろそろですねぇ

秋から冬になる時の外気温2~3℃ってとてつもなく寒く感じるのに、春が近づいてる時の
外気温2~3℃ってのは、なんで暖かく感じるんでしょうかね??

少し暖かくなると活動開始したくなるわけですが、そんなタイミングにお兄ちゃんから誕生日プレゼントが
届きました。


しかも、人生でもらったプレゼントすべての中でもっともデカイ(笑)

DSC_0691_convert_20170314201420.jpg

KTCのキャビネット・ワゴン!!


これをきっかけに冬眠から目覚め、ガレージでの作業を再開して組み上げて完成させました。

DSC_0699_convert_20170314200641.jpg

やらせ的に物を入れた感もありますが、すっきりと収まったしガレージ的満足度も高いです!!


DSC_0707_convert_20170314200656.jpg

その日はガレージでバイクと工具を眺めながらコーヒーを飲んで久しぶりの至福のひと時
(もちろんストーブは付けてますけど)


そんな感じでバイクに対する気持ちが高まってきた所にAmazonで予約していたBlu-rayがジャストタイミングで
届いたわけです。

DSC_0710_convert_20170314200732.jpg

ヒッティング・ジ・エイペックス





これ最高でしたっ!!


そして改めて思ったのが、やっぱりホルヘ・ロレンソが好きだ(笑)
(どんなに世界中で嫌われ役だとしてもねwww)


最高にテンションが上がったのでシーズンインに向けてバイクの整備始めます!!


Posted by バル1400 on  | 6 comments  0 trackback

イタリア人よ、そうきたか

フィアット500のデフォッガースイッチランプ切れ問題は保留のままなので、ちょっと不便そうです。


安く手に入れる為フィアット500のエアコンパネルをヤフオクで見ていたのですが、出ていても安くて
5000~6000円くらい。それ以外は1万円以上が当たり前でした。

イマイチ乗り気にならずにヤフオクチェックをしばらくしていなかったのですが、HALさんから
安いのが出てるよーと入電あった為チェックしてみました。

見てみると即決でも2500円だったのでソッコーで落札しちゃいましたw
送料を入れても3400円で、使い物にならなかったとしてもまあ諦めの付く価格でしょう。




大阪よりはるばるやってきたエアコンパネル。

DSC04378_convert_20170222210641.jpg

マニュアルエアコンのパネルですが、欲しいスイッチは同じものなので問題ありません。

あと、いきなり我が家のパネルを外すより裏側の構造を見ておいた方が破損のリスクも少なくなるかと。


さて、肝心のスイッチ部分を分解してみましょう。

DSC04382_convert_20170222210718.jpg

DSC04383_convert_20170222210733.jpg

あれ??なんか電球的なものが見当たらないなー

スイッチ側には付いてないようなので本体側を確認


DSC04380_convert_20170222210704.jpg

こっちを覗いてもイマイチ解らないので全部ばらしてみましょう。



DSC04384_convert_20170222210749.jpg

ファミコンのコントローラーの中みたいにボタン用のゴムが入ってます。

んで、肝心の電球はどこかなー


DSC04387_convert_20170222210806.jpg

あ・・・






DSC04388_convert_20170222210825_01.jpg

電球(ダイオードっていうんすかね?)は基盤に一体化してるってわけか・・・



1/5でも切れたら全部取り替えないとだめっていうことなのか(笑)



そして16000円という値段にも納得!!


なんか効率悪くないかい?イタリア人??


というわけでこの中古基盤の5つのダイオードがすべて点灯するという保証は全くもってないのですが、
もう少し暖かくなってプラスチックの破損リスクが減ったら点灯チェックの為に付けてみることにします。


Posted by バル1400 on  | 2 comments  0 trackback