MotorCycle Diary And More | 『ZZR1400』 『XR250』 と暮らす日々の日記

程よい距離の焚火スポットを探す

順調に布教活動が広まっているようでなによりですwww

さて、更なる入信者を増やすべく体験会を実施したいのですが、住宅街にある我が家の敷地内で焚火をするのは
ご近所の視線的にどうにも落ち着かないものがある為、ちょうど良い場所はないかと模索をしていました。

そこで目を付けたのが市内某所にある河畔公園のはずれ。

冬期間は閉鎖されておりあまり人通りがない事と、近場なので行き来するにもアクセスが楽なのでちょうど良い
のではないかと思い、ここで実地テストをすることにしました。


しかし、ここも全く人が通らないわけではない為、1人だと怪しい雰囲気が出てしまいます。
そこで強制的に嫁も参加してもらいました。


DSC_2365_convert_20180129113321.jpg

最低限、必要なものを持ち込んで車から焚火スポットまで運びます。
雪がもう少し降った後ならソリの方が便利だなぁ等、実地訓練によって見えてくるものがあります。



ユニフレームのファイアグリルはBBQも出来るよう網をセットすることが出来るツメが付いてますが、焚火だと
どうしてもツメより薪が高くなってしまいます。

DSC_2368_convert_20180129113336.jpg


まあそもそもファイアグリルが油で汚くなってしまうのが嫌なのでBBQはするつもりはないんですけど、でも
お湯を沸かしたりダッチオーブンを置いたりはすることは多い。

お湯を沸かすくらいなら写真のようにツメは使用せずロストルを直接薪の上に置いて使用するんですが
結構不安定なんですよね。


0000000633274_r1_02_convert_20180129113302.jpg

専用で出てるトライポッド(FGポッドハンガー)を買えば解決するんでしょうけど、それなら汎用の
トライポッドを買った方が焚火台の買い替え後も使えるかなーと悩み所。


ST-130R_main_515Wx515H_convert_20180129113540.jpg

それにしてもスノーピークのは良い値段しますね・・・




DSC_2371_convert_20180129113507.jpg

2時間くらいまったり過ごしてコーヒーを飲んだりカップラーメンとコンビニ飯食べたりして撤収。
蒙古タンメンは嫁チョイスです(本店に行くのが夢らしい)



場所としては焚火するには問題なさそうですが、吹きさらしなので風がある日だと結構寒い場所です。
それでも釣りをしている人もそれなりにいましたし、好きなら気にならないかな。


DSC_2369_convert_20180129130751.jpg

さて、次は誰が入信するでしょうかwww
(寒くて誰も入信しないかも・・・)



スポンサーサイト
Category : その他の活動
Posted by バル1400 on  | 8 comments  0 trackback

必要以上に走行注意表示灯に過敏になる

週末は割と動くことが少ないチンクですが、先日のバッテリー交換後、症状が再発しないか心配だったので
後部座席のヒトは狭いですけどチンクでお出かけをすることにしました。

まあお出かけと言っても片道30kmくらいのお隣にある鶴居村の温泉に行った程度なんですけどね。


DSC_2328_convert_20180115093257.jpg

メジャーな温泉の駐車場にはたくさんの車が停車していたので、ひねくれものとしては閑散とした(失礼・・・)
こちらの民宿の日帰り入浴をチョイス。


DSC_2326_convert_20180115093210.jpg

DSC_2327_convert_20180115093231.jpg

泉質も似たようなものだろうし、露天風呂だって一応あるし、何より他に誰もいないが最高!!

娘的にはシャワーの水圧が低い等いろいろと不満だったようですが、大人的には貸切の勝ちです。


入浴後、どこにも寄らずに自宅へ戻るべく走りまして、町の入口の信号待ちでブレーキを踏んだ時に
なんと、またしても走行注意表示灯が点灯してメッセージっ!!


DSC_2330_convert_20180115093345.jpg

またかっ!!と、さすがにテンション下がってしまったもののメッセージは前回と違うような・・・
(ちなみにメッセージは2回くらい出たら消えるので必死に暗記するしかないので余計焦ります)


check stop lights を何度も頭の中で復唱しながら自宅へ到着してから急いでサービスマニュアルを開き
内容を確認すると、


DSC_2341_convert_20180115093606.jpg


なんだ、ただの球切れかい・・・




DSC_2329_convert_20180115093322.jpg

たしかに助手席側のリアブレーキランプが切れてました。
御親切にありがとうございます・・・

でもこの程度のことなのに必要以上に緊張させられるのはやはり連発してるからでしょ・・・(ToT)


DSC_2335_convert_20180115093412.jpg

DSC_2339_convert_20180115093539.jpg

10ミリのソケットレンチで2本ネジを外せば簡単に外れるライトユニットですが、こんな時期ですので、
プラスチックのツメが割れるんじゃないかとヒヤヒヤしながら慎重に外していきました。


DSC_2336_convert_20180115093443.jpg

DSC_2337_convert_20180115093502.jpg

12V21Wのバルブはオートバックスで購入して交換です。



DSC_2338_convert_20180115093527.jpg

コネクターを接続して点灯チェックをし、問題なかったので元通りに組み直して作業は終了。
しかし、あまりにも車が汚いので我慢ならず洗車もやってやろう。


DSC_2343_convert_20180115093647.jpg

DSC_2347_convert_20180115093718.jpg

洗った先から凍りだすこの時期の洗車はなかなか過酷ではありますが、路面にまかれた塩攻撃もありますし、
この時期だからこそやった方が良いんですよね。

解っちゃいるが寒過ぎる・・・



何はともあれ、先日のトラブルとは無関係だったのでとりあえずは一安心かな。



Posted by バル1400 on  | 2 comments  0 trackback

走行注意表示灯に怯える

嫁のFIAT500が新年早々にネタを提供してくれました。
(ありがた迷惑)

嫁の車を借りて子どものお迎えの為10分くらいエンジンをかけたまま停車して待っていた時の事です。
突然アイドリングが不安定になりエンスト寸前のノッキング状態になってしまいました。

DSC_2317_convert_20180115093014.jpg

いわゆる警告ランプ的なやつが点灯してStart&Stop Unavailableというメッセージも表示されました。
これは取扱説明書によるとスタート&ストップの異常という警告メッセージらしいです。

アイドリングストップ機能の何らかのトラブルという事なのだと思いますが、納車してから現在までその機能は
ほぼ無効にしたままなので使用はしていないのですが、突然どうしたっていうんだ・・・

一度エンジンを切って、かけ直すと警告も消え症状は治まってしまのですが実はこのトラブル、数日前に
嫁から全く同じ状態になったことを報告されていたんですよね。
(メッセージまでは覚えられなかったので何が起きていたのかは不明でした)


いずれにしても頻繁に症状が出るようになっていると考えられる為早急に対応した方が良さそうです。
サービスマニュアルでそのメッセ―ジを調べてみると、


DSC_2319_convert_20180115093041.jpg

ただちに、フィアット正規ディーラーで点検を受けて下さい。



ないでーす!! 正規ディーラーはわが町にはないでーす!!


ディーラはないので、診断機を持ってる輸入車に強い自動車屋さん(カングー購入した店)にて調べてもらいました。


結果としては、今回の原因と思われるようなエラーは全く出ていないということでした。
疑われるような箇所の故障などはないが症状は出ている。


もしや原因はバッテリーなのではないか?と店主のひらめき。


症状が出る時は、実は夜で気温が低い時が多いんですよね。
寒くてヒーター全開で使用しながらのアイドリング。当然オーディオなども使用している。



バッテリーに負荷



エンストしそうになる



その時のエラーを拾って警告が出る


という仮説と立つのではないかとのことです。



でも年明けオプティメイトで充電もしてるし、電圧は問題なかったような気もするんだけどなー。

なんて思いながらバッテリーチェッカーで調べてもらったところ、電圧は問題ないけど十分な容量を蓄えることが
出来ていないことが判明しました・・・

チンクも今年で6年目だし、バッテリーの劣化だって十分に考えられますよね。
むしろ今まで良く頑張っていたと考える方が自然か。

参考にどうぞ



DSC_2323_convert_20180115093146.jpg

さっそく新しいバッテリーを購入「ACデルコのLN2/GP47」に取替えて様子を見てみることにしました。
(使わないけど一応アイドリングストップにも対応しているバッテリー)

DSC_2321_convert_20180115093109.jpg

新品ですが一応充電をしておきましょう。



DSC_2322_convert_20180115093122.jpg

とりあえずまだ数日ですが同じような状況でも安定してアイドリングしていますので、これで解決したって
考えて良いのかな・・・

いや、油断は禁物・・・

なにが起こるか解らないのが伊太利亜産まれの6年落ちだねwww

Posted by バル1400 on  | 2 comments  0 trackback

ホイールハウス内が凍結

DSC_2287_convert_20180113123533.jpg

DSC_2290_convert_20180113123554.jpg

先日の斜里遠征帰りは路面に積もった雪が溶けだしている区間もあったのでホイールハウス内がどんでもない
ことになってしまいました。

春先の雪解けシーズンはこんな感じになることがあるんで状態自体は普通なんですが、気になったのはこちら。



DSC_2295_convert_20180113123617.jpg

洗車しても大半の氷は残ったままだったのでプラハンマーで破壊していた時に気になったんですが、


DSC_2296_convert_20180113123629.jpg

リアのブレーキラインが剥き出しなので外れた氷がぶら下がってしまっている箇所があるんですよね。
これって今まであまり意識したことがなかったんですが、一般的にこんな感じで剥き出しになってる物でしたっけ?



DSC_2299_convert_20180113123705.jpg

氷がブラブラとホースを引っ張った状態で走行するってのが精神衛生上よろしくないので全部溶かします!!



DSC_2301_convert_20180113123728.jpg

DSC_2305_convert_20180113123754.jpg

気にし過ぎなだけかとも思うんですけど、洗車ついでにキレイにしてやるのはそのままより良いことでしょう。



DSC_2306_convert_20180113123831.jpg

冬ってなかなか洗車をする気にならないもんですが、やれはやっぱり気分が良い!!

そして洗車すると雪が降るってのもあるあるで、現在はもうすっかり汚くなってしまってますwww



Category : カングー
Posted by バル1400 on  | 0 comments  0 trackback

さらばレッチリっ!!

レッチリと言えば色々と連想する対象があると思いますが。


RFcZvug7_convert_20180110192438_convert_20180110193827.jpeg


これがまあ本家ですよね。



1499939794_convert_20180110192917_convert_20180110193810.jpg

こっちを連想する人もまあアリでしょうwww



しかし、北海道のバイク乗りでレッチリと言えば、

DSC03221_convert_20150506170859.jpg

斜里にある「RED HOT CHILI PEPPER」を連想する人もかなり居るんじゃないでしょうか。

このブログでもツーリング途中に何度か登場してますし、不思議な縁があって店主(通称板さん)とも年賀状の
やり取りをさせて頂く仲となりましたが、今年の年賀状に衝撃の内容がっ!!


平成30年1月14日(日)をもちまして閉店致します!!


うわ、もう週末2回しかチャンスがないじゃないすかー!!



DSC_2264_convert_20180110184636.jpg

早速1月6日(土)の15時過ぎに吹雪の峠を越えて向かいますっ!!



redhot2018.jpg

我が町から斜里までは120kmとまあ、北海道的には遠くもないけど近くもないかなぁという距離感ですが
冬道で吹雪となるとちょっと大変ですね。

でも、閉店前にもう一度来店したいのです。
しかも行くなら夜のレッチリに行きたいのです。


DSC_2271_convert_20180110184802.jpg

17時30分に斜里の道の駅へ到着し、ここをキャンプ地とするってわけで車中泊の設営開始。


k_1121288_surd_convert_20180110195532.jpg

真冬の北海道で車中泊キメる為に入手済だったモンベル ダウンハガー800 #0 が役に立つ時が来ましたわwww


DSC_2267_convert_20180110184703.jpg

DSC_2268_convert_20180110184713.jpg

車中泊仕様にセッティングした車内はこんな感じ。
身長が182cmなワタシには助手席までフルフラットになるカングーはホントにありがたいわけです。



DSC_2269_convert_20180110184741.jpg

斜里の道の駅、裏にある駐車場の一番端っこにカングーを残していざレッチリを目指します。
それにしてもかなり良い勢いで雪が降ってますし、ほかには一台も車(車中泊派)が居ないwww



DSC_2273_convert_20180110184840.jpg

21年5ヶ月営業したというお店、今回が最後かと思うと感慨深いものがあります・・・
自分がお邪魔したのはここ数年数えるほどではありますがやはり寂しいですね。


DSC_2275_convert_20180110184858.jpg

このバンドを知ったのは中学生の時で当時はブラッドシュガーが最新アルバムでしたw


一切アポを取らず訪問したのでやってなかったらどうしよう・・・という不安がありましたが、
板さんと嫁さんに迎えられ無事に最後の入店を果たせて良かった良かった。


しかし、どうしちまったんだレッチリ!? 
店にいる客層は若い女の子だらけで甘そうな飲み物とかを頼んでおりカフェ化してるじゃないか。

ワタシの知ってるレッチリはさ、

img_7.jpg

こんな感じでトーカッター様みたいな客が来ててさ、


img_5_convert_20180110203042.jpg

店の前にはこんな感じでバイクが並んでるのがレッチリじゃなかったんかー!!



っていうのは言い過ぎなんですが、とにかく若い女の子だらけの店内に若干の違和感を感じつつも
カウンターにて飲み食い開始です。


DSC_2276_convert_20180110184916.jpg

DSC_2277_convert_20180110184932.jpg

DSC_2279_convert_20180110184949.jpg

最後かと思うと名残惜しいがめちゃくちゃ美味いっ!!
そしてここで飲めるってのがやっぱり最高です。

(ちなみに本日の客層は割と偶然だったらしいですwww)



それにしても良いことなのですが、お客さんがたくさんなのでなかなか板さんとトークを弾ませるチャンスが
少なくて、一人飲みとしてはちょっと寂しい。

そんな感じで飲んでたら若い頃からのレッチリファンである斜里っ子2名が入店し、気を使って頂いて
話しかけてもらい、その後合流したお友達と4人で楽しくカウンター飲みとなりました。

板さんが斜里でレッチリを開店した頃から知るゴリゴリのレッチリファンの方々、もうペッパーズと呼んで
良いでしょう。
当時の懐かしい話なんかを色々と聞かせてもらったり、楽しい時間を過ごさせてもらえました。

しかし、この日の為に着込んで行ったホルヘ・ロレンソのオフィシャルTシャツで板さんと写真を撮る予定が、
飯以外の写真は撮らず18時から朝3時くらいまで斜里ペッパーズたちと飲んでしまい、バイクの話はほとんど
できなかったという・・・


DSC_2280_convert_20180110185003.jpg

斜里ペッパーズと一緒にシメのそばまで食べに行っちゃって(しかも奢ってもらったw)
カングーに戻って爆睡。



DSC_2282_convert_20180110185025.jpg

目覚めたらすでに10時40分でしたわwww


看板が付いてる前で撮れるのは最後になるかな。

DSC_2284_convert_20180110185057.jpg

カングーとレッチリを一緒に一枚。


さて、一番重要な話を。

レッチリは閉店しますがご安心を!!

斜里にて新店舗が夏くらいにはオープンするとのことです。
店名は変わってしまいますが、レッチリでの人気メニューは引き続き食べることはできるようですよ。

はっきりと新店舗開店が決まったら微力ながらこのブログでも告知をさせて頂きますm(__)m




最後は、フロントマンであるアンソニー・キーディスのこれまでの変化でお別れしましょう。




Category : カングー
Posted by バル1400 on  | 6 comments  0 trackback