MotorCycle Diary And More | 『ZZR1400』 『XR250』 と暮らす日々の日記

オホーツクでキャンプ!! 前編

もともと好きだったキャンプですが身近に熱量の多い人が居ちゃうとついつい感化されるもんです(笑)

あにと上川でキャンプをした際、もう一回くらいどこかで一緒にキャンプをしようと約束をしていたので
10月7日(土)~9日(月)の三連休に決行することにしました!!
(もちろん、一般的感覚では寒い季節に入ってますのでお互いの家族は誰も参加せずw)


・10月7日(土)


DSC_1928_convert_20171014113722.jpg

ミニバンに1人でキャンプへ行くとなると、ついつい色々と持って行ってしまいます。
とはいえ、今回は2連泊なので多少荷物が多くても良いでしょう。


DSC_1931_convert_20171014113810.jpg

DSC_1929_convert_20171014113751.jpg

ちょっとだけ遠回りにはなりますが、安定の味噌精肉店にて肉を仕入れます。
今シーズンは3回目の来店と頻度が多い(笑)


DSC_1933_convert_20171014113829.jpg

北海道の10月頭にしては気温高め。
これなら家族が来てもそれなりに楽しめたかもしれないなと思いながら、網走湖・能取湖と走り抜けて
オホーツク海側にあるサロマ湖のキムアネップ岬キャンプ場へ到着。

今回はお互い200kmちょっとくらいの位置になるこの辺りのキャンプ場で落ち合おうということになり
まずは我が家側から近い最初のキャンプ地を偵察。



DSC_1938_convert_20171014113920.jpg

トイレや炊事場などの施設も使えるので問題なし。
ここは数年前にもキャンプをしたことがあるので良い場所なのは知っていたものの、


DSC_1937_convert_20171014113903.jpg

DSC_1939_convert_20171014113949.jpg

ロケーションが最高の代償として吹ふきっさらしになる為、本日の強風ではかなりきびしいキャンプとなることが
予想されます・・・

キムアネップから40kmくらい北上した所にあるコムケ湖キャンプ場に着いていたあにから連絡があり、
コムケ湖は風も遮られていて環境は良さそうだというわけで今回はコムケ湖にすることにしました。

サロマ湖に沈む夕日はまた今度におあずけということで。


komuke_convert_20171017161635.jpg

結局、片道220kmくらいでの合流ということになりました。



DSC_1940_convert_20171014114004.jpg

コムケ湖キャンプ場も芝への乗り入れはできないですが、割と近くまで車を付けられるので気にならない
レベルでした。

料金も一泊200円となかなかリーズナブル。
大量に荷物を出したい我々としては、場所によってはとんでもない金額となる可能性がありますので
なるべく安めのキャンプ場が必須。


DSC_1943_convert_20171014114021.jpg

DSC_1946_convert_20171014114048.jpg

必然的にぼくが調理担当となり、1日目の夜飯はホタテときのこ・ホタテと茄子のアヒージョをつまみながら
酒を飲みつつ、適当に肉を焼いて食べました。


DSC_1948_convert_20171014114139.jpg

DSC_1950_convert_20171014114159.jpg

今回投入したニューアイテムユニフレーム ファイアグリルです。

数年前から焚火台はずっと欲しかったのですが、スノーピークの焚火台はちょっと高過ぎだったので踏ん切りがつかず・・・

前回のキャンプ後、季節的にも買うなら今だよなとリサーチした結果、ユニフレームが値段も含め一番
納得の内容だった為購入してみました。

使用してみた感想は、本体及びロストルは熱によって若干の変形があったものの、これは商品サイト内でも
ちゃんと書かれていますし、使用上問題があるほどの範囲では全くないです。

綜合的に考えて限りある予算だとこちらの方が経済的だし、機能としても十分役割をはたしてくれ大満足。

やはり春や秋のキャンプには焚火が必須ですね。
(もちろん冬もw)


つづく


スポンサーサイト
Category : カングー
Posted by バル1400 on  | 0 comments  0 trackback

上川でキャンプ

あにがすっかりキャンプ(というか道具)にハマってしまい、いろいろと新しいアイテムを仕入れたので
次の休みにキャンプをしようということになりました。

キャンプ地はお互いの住んでいる場所から中間くらいに当たる上川に決定。

DSC_1843_convert_20171002123340.jpg

今回は2年ぶりくらいにこのテントを使ってみようかと。
もう10年くらい前に買った物なので、さすがにはっ水力が落ちている為防水スプレーを施してやりましょう。



・9月23日(土)

DSC_1848_convert_20171002123358.jpg

シーズンも残り少なくなってきたのでバイクで行くことにしました。
最低限の荷物以外はあにが持ってくるのを借りれば良いってことで、持ち物は少な目でOK。

今回こそ落荷しないようしっかり固定(笑)

行きと帰りで同じ道を走ってもつまらないので、行きは富良野・美瑛経由にて、あにとの合流場所である
モンベル大雪ひがしかわ店まで行くことにします。




ついでにですが、最近気になっていたルートを開拓してみることにしました。
(※地元の人以外全くピンとこない話ですみませんが・・・)



6月にはろはる村上さんとドライブした際に小さな森のレストラン ポパイという洋食屋さんへ行った時に
思い付いたんですけどね。

釧路から狩勝峠を通って富良野方面へ向かう時に、阿寒IC~本別ICまでの高速無料区間を使ったあと、
本別→勇足→士幌→瓜幕の道の駅まで走ってですね、その後、道道593号線を岩松発電所へと抜けるんですよ。

map_popai.jpg

そこから道道718号線を少し南下してから、ポパイの前へと繋がっている道へ西に曲がります。(ひと山登る感じの道)
実際走ってみた所、ナビなしの頭の中の記憶だけでちゃんと到達出来ました。


9_23map.jpg

このポパイの前の道を少し南下して一本目を西へ右折(友夢牧場が目印)
あとは道なりにくねくねと進んで行くと国道38号にぶつかるので線狩勝峠の登り口へと抜けられるというわけです。


釧路方面から狩勝峠へと繋ぐルートとしてはなかなか使えると思います!!
(こういう変な道を繋いで走るのが好きな人にはですがwww)




話を戻しまして。

士幌くらいから雨が降ってきまして、狩勝峠では視界ゼロ状態でなかなかハードな工程となってしまいましたが、
南富良野からは天候も回復。

北の国からで有名な麓郷から八幡丘を抜けて美瑛まで進むことにしましょう!!

DSC_1849_convert_20171002123429.jpg

<中畑木材>


DSC_1854_convert_20171002123508.jpg

<涼子先生の働いてた中ノ沢分校>


DSC_1856_convert_20171002123535.jpg

<草太兄ちゃんの家>

とまあ、北の国から好きにとっては思い出深いロケ地が続々と出てくるのがこの八幡丘ルートですね。
(冬に雪子おばさんと純が車で遭難しかけた道でも有名)


美瑛は混んでるのでスルーして旭川空港近くから東川へと抜ける近道ルートを探してみたものの、林道に迷い込み
ちょっとこのバイクではご勘弁というわけで結局メジャールートから東川へ。

DSC_1858_convert_20171002123614.jpg

東川のモンベルで無事あにと合流。
モンベルを二人でうろつくものの、特にめぼしいものもなくて早々に移動を開始します。

東川町から当麻町へと抜け、愛別IC~上川層雲峡ICまでの旭川紋別自動車道の無料区間を使って上川へ。


DSC_1868_convert_20171002123826.jpg

本日のキャンプ地である上川ファミリーオートキャンプ場にイーン!!


DSC_1860_convert_20171002123659.jpg

あにもソロだってのにスノーピークのタシークを設営。ペグも各種買い揃えたのでとりあえず全部使いたくて張り綱も
MAXで設営するのでえらい時間がかかる(笑)


DSC_1869_convert_20171002123856.jpg

ここはサイト内の乗り入れもOKだし、屋根下にバイクも駐車できちゃう。
あと、焼肉とかを自由にして良い屋内スペースもあるので寒い時や雨でも役立ちそうですね。




DSC_1861_convert_20171002123728.jpg

でも夜ご飯はやっぱり行っちゃった「よし乃 上川店」www

その後、屋内スペースで軽く焼肉をしながらあにと飲み、とんでもない雨雲がやってくる予報だったので
慌てて各テントに潜り込み早めの就寝。


・9月24日(日)

DSC_1865_convert_20171002123755.jpg


昨晩はかなりの雨だったのですが、雨対策のタープによって直接テントに雨が当たらなかったのと耳栓効果で
程よい雨音を聞きながら朝までぐっすり寝れました。

でも小降りではあるものの9時過ぎまで雨が降っていたのでダラダラと過ごします。


DSC_1870_convert_20171002123934.jpg

10時には快晴に。テントが乾いたらさっと撤収して帰るだけなのですが、あにの撤収を手伝わにゃならんので
結構時間が掛かったような記憶が(笑)

帰りはどこにも寄らないで層雲峡→三国峠→糠平→で本別ICからまた無料区間を使って一気に帰宅。
2日間のトータル走行距離は550kmでした。

着こんでしっかり防寒対策しないと、もうバイクは結構寒い・・・



Posted by バル1400 on  | 4 comments  0 trackback

旅行がてら家族全員で車中泊

様々な困難を乗り越え、無事に装着できたルーフテントを活用するべくお出かけです。

・9月15日(金)

それぞれ仕事や学校を終えてからの出発の為19時30分に家を出ます。
お決まりの道東自動車道から道央自動車道、苫小牧にある樽前SAまで走ったところで本日は
移動終了をし車中泊をキメる!!


DSC_1769_convert_20170927123636.jpg

3連休とはいえ、やはり前日の夜に少しでも移動をしておくと、その後の行程に余裕ができるのがメリット。
そういう点で車中泊ってキャンプ場探し&テント設営の手間もいらず本当に便利です。


DSC_1773_convert_20170927123712.jpg

ルーフテントを実際に使ってみた感想としては、テントでいうところのフライシートがない状態で寝ているので
布が一枚ゆえに外気温の影響は大きめ。
この時期の北海道だと朝晩の冷え込みが厳しくなってきてますのでシュラフの性能がカギを握りますが、
当然それは想定内なので問題なし。

あと音ですが、SAに泊まるということでまわりの車のエンジン音や本線での走行音はうるさいです。
これは耳栓等の対策をすれば良いし、そういった場所に泊まるんだから割り切れば良いです。

トラックなんかはエンジンかけたままだったりするので、耳栓必須かな。


あと、車の中で寝ている家族が寝返りをうつと上も揺れます(笑)
(上で動くと下も揺れるらしいけど)


・9月16日(土)

DSC_1775_convert_20170927123749.jpg

朝5時過ぎ、出入りする車が多くなり、外の音が気になって目が覚めました。
翌朝の利便性を考えて、セイコーマートのあるSAを選んだ以上、車の出入りが多めなのはしょうがないです。

5時間くらいの睡眠でしたが、シートをリクライニングして仮眠をとるのに比べては格段に疲れは取れるでしょう。


本線に戻って伊達まで進んでから高速を降ります。

DSC_1782_convert_20170927123836.jpg

伊達の街のマクドナルドで朝マックを食べて、伊達温泉にてお風呂に入り活動準備。

事前リサーチで朝8時から入浴できる為、ここを利用しましたが朝からやってる以外は特におすすめは
ないかな・・・

久しぶりに10円を入れるドライヤーを使いました(笑)

温泉の奥には昭和新山が見えます。





DSC_1785_convert_20170927123924.jpg

DSC_1789_convert_20170927124004.jpg

お風呂で用意を済ませてからは娘のリクエストでルスツリゾートまで移動。

いきなり、ルスツにある中で一番の絶叫マシンに乗ってしまいフラつきながらも次々制覇。



DSC_1807_convert_20170927124046.jpg

DSC_1809_convert_20170927124122.jpg

ロープウェイでスキー場の上まで行ったのが一番楽しかったかも(笑)

15時くらいまでルスツで遊び、水を汲む為に京極町のふきだし公園へ寄り道。

DSC_1811_convert_20170927124145.jpg

こっちへ来た際には毎度寄ってる嫁的パワースポットらしい。
(ここの水自体は全道のセイコーマートでも売ってるんだけどね・・・)


その後は倶知安から小樽へ移動。毛無山の赤井川国道って実は初めて走ったんですが北海道には珍しい
綴ら折れのコーナーが連続でバイクで走ったら楽しそうだったなぁ。


DSC_1814_convert_20170927124220.jpg

小樽到着後は、運河近くの一泊駐車しても600円の駐車場をキャンプ地とし、観光開始。
運河沿いを散策し、ちょうど良い時間となったので小樽 若鶏時代 なると 本店までタクシーで移動。


DSC_1815_convert_20170927124246.jpg

DSC_1820_convert_20170927124320.jpg

この半身揚げが食べてみたかった!!

地元の人が法事のあとにみんなで食事をするようなお店だった所に、噂を聞きつけた観光客がどっと
集まっているといった印象(自分たちもその中のヒト団体ではあるw)

なるとは噂通り、人気なのが納得のおいしさでした。



DSC_1823_convert_20170927124349.jpg

小樽港近くの駐車場で一晩中漁船のエンジン音を聞きながら一泊。


・9月17日(日)

DSC_1825_convert_20170927124420.jpg

この日は札幌にて家族のお買い物DAY。

ていね温泉ほのかにて身支度を整えてから事前にリサーチしていた店を回って行きます。

※ここから先は買い物メインの活動なのでさらっと終わらせます。


DSC_1827_convert_20170927124450.jpg

嫁のメインイベント、多肉植物専門店にて散財(笑)

その後は某ローカルタレントが、もはや香川県までうどんを食べに行かなくても良くなったとまで言った
さぬきうどんのお店へ移動します。


DSC_1828_convert_20170927124515.jpg

西区山の手にある手打ちうどん 寺屋さん。

開店30分前に到着したので2番手でスムーズに入店できましたが、連休中ということもあってか開店前には
長蛇の列でした!!

計画的に行程組んでてよかったwww


DSC_1829_convert_20170927124542.jpg

この番組にて「札幌アワード2017」 第一位に選ばれました。


DSC_1831_convert_20170927124614.jpg

たしかに美味い!!

うどんもおいしかったし、おでんも美味しいお店でした


その後は予約していた札幌駅北口側のホテルに車を停めて買い物(付き合い)スタート・・・

DSC_1832_convert_20170927124652.jpg

HALさんのお土産にこれを買ってやると言いましたが、ファッションショーをやる勇気がないのでと
断られましたwww

札幌で散財させられホテルにて一泊。



・9月18日(月)

DSC_1839_convert_20170927124810.jpg

帰る日ですが台風の影響にて高速は通行止めとなってしまったので天候が回復する夕方まで札幌にて
時間つぶし。



DSC_1837_convert_20170927124732.jpg

雨なので先に妻子を降ろしてから、駐車場へ移動していると後ろでこんなことに・・・orz


市内を車でうろつき、北広島のアウトレットモールまで移動してさらに買い物・・・
そうこうしているうちに16時前には高速通行止めも解除となった為、無事に帰ってきました。


共働き&子どもの部活動もあって、今シーズン家族全員が揃って泊まりでのお出かけはこれが初でした。
移動距離は870km、ルーフテントのおかげで時間効率良く楽しんでくることが出来ました!!



Category : カングー
Posted by バル1400 on  | 2 comments  0 trackback

カングーにルーフテント装着っ!!

前置きとして。

DSC_1688_convert_20170912125059.jpg

カングー購入の際、新たなルーフボックスの購入も検討したものの、予算の都合もあり以前から使っていた物を
やはり再利用することに。(カングー納車祝いにシルバーに塗装してもらった)

ダウンロード

前の車では、割と広く出回っているスクエアバーを使用していましたが、カングー純正ルーフバーの形状は・・・


8410875968_6af8ea4f7e_z_convert_20170912124022.jpg
(画像は拾いもの)

スーリーのTトラックが使用できるタイプと同企画の、真ん中にスリットが入っているタイプ。

スクエアバーより幅が太くなってしまった為にルーフボックスの固定金具も今までの物が使用できず、隊長が
ホームセンターで適当な材料を買ってきてくれ、幅広になったバーにも固定できるようにしてくれました。


ここまでの話を踏まえて、本題へ移ります。




家族で車中泊の旅に行きたいのですが、カングーでの車中泊で快適に寝るにはスペース的に2名が限界。

そこで、隊長が所有しているルーフテントを借りて、一人が屋根の上に寝ることで3人で車中泊(上の人は外だが)
行けるんじゃないかなと。

借用許可は降りたものの、隊長のルーフテントを実際にちゃんと見たことがあまりなかったので固定金具など、
どうなっているのか全く不明。


<DAY1>

HALさんとはろはろ村上さんを誘って土曜日の夜に隊長の秘密基地まで行ってみることにしました!!

DSC_1733_convert_20170911124412.jpg

実物を見てみると、固定の金具幅が冒頭に書いたスクエアバーサイズだということが判明。
なんとか装着出来ないかとHALさんが幅を広げたりしてくれましたが、今日のものにはならなさそうなので
この日はルーフボックスを外しただけで作業としては終了。



DSC_1735_convert_20170911124441.jpg

帰りは3人でコタン温泉の露天風呂に入って帰宅(笑)



<DAY2>

翌日の日曜日、ホームセンターにて幅が広いコの字型の金具を探してみると、


DSC_1738_convert_20170911124530.jpg

ちょうど良さそうなものを発見!!

ちなみにカングーのバーの幅は約570mmくらいで、売ってたこれは約700mmだったかな。(650mmかも)


必要な金具一式を購入し、この日は家族で秘密基地までドライブがてら行ってみました。

DSC_1739_convert_20170911124551.jpg

今回こそばっちり装着できるかなーと思ったのですが、今度は金具が長すぎて屋根に干渉してしまう・・・
実際に合わせてみないとやっぱりピンとこないもんです(-_-;)

このままではもちろん使えず、金具のカット&タップの切り直し作業が必要となるので本日も装着できず・・・

秘密基地からの帰路、HALさん宅へ寄って金具の加工を依頼してDAY2終了です。



<DAY3>

1505101653692_convert_20170911130141.jpg

月曜日の仕事中にHALさんより加工終了の連絡が入りました。

装着を手伝うなら仕事の都合上、今夜しかチャンスはないとのことなのでまさかの3日連続チャレンジ!!

ちなみに、秘密基地までは我が家からHALさんうち経由で走ると片道95kmあります(笑)
これを3日連続走るというwww


DSC_1741_convert_20170912123506.jpg

DSC_1743_convert_20170912123530.jpg

さすがに専用加工してもらった金具は寸法もばっちりで全く問題なくバーへと乗せることが出来ました。
今日は早々に作業を終わらせて帰れるかなと思ったものの、次なる問題発生。


1505186657305_convert_20170912123415.jpg

1505186651930_convert_20170912123404.jpg

実際作業をしてみると、サイドからは全く手を入れられるクリアランスがないことが判明・・・

写真のように後ろからと前から、なんとかナットを回そうと試みるものの、手元は全く見えないし狭くて片手が
ようやくなので、片手でプレートを抑えながらナットを回すという高度な技を要求されて大苦戦(T_T)

あーでもないこーでもないと二人で試行錯誤しながら、それでもなんとか知恵を出し合い(HALさん8割)
どうにか4カ所の固定が完了しました!!



DSC_1745_convert_20170912123555.jpg

DSC_1748_convert_20170912123630.jpg

ついに屋根の上にてその姿を見ることが出来たっ!!


ああ、ここまで長い道のりだった・・・

HALさん、はろはろ村上さんお疲れさまでした!!



DSC_1750_convert_20170912123644.jpg

自宅までの95km、何事もなく走れたので装着は成功したようです!!
(定期的増し締め用に車内には13mmのギアラチェットを常備w)


週末は家族全員揃って久しぶりに連休が取れたのでテント活用して出掛けてきますm(__)m






Category : カングー
Posted by バル1400 on  | 7 comments  0 trackback

剣淵でファミリーキャンプ!!

お盆休みに帰省していた「あに一家」が帰るついでに、一緒に北上してみんなでキャンプをしてきました。

当初は旭川や東川へのアクセスを考えて当麻町でキャンプをしようと計画したのですが、ヒグマが出没した
とのことで予定していたキャンプ場が閉鎖されてしまいました・・・



そこで、以前より良い評判を聞いていた剣淵町の「絵本の里家族旅行村キャンプ場」にて8月14日~16日まで
2連泊して周辺の観光をすることにしました。

フリーサイトを利用するつもりだったので、良い場所確保のため9時には出発をし、ほぼノンストップで剣淵まで
ずばっと移動しちゃいました。

kenbuchi_convert_20170822125308.jpg

そういえば剣淵ってちょうど一か月前のカングーテストドライブでも来たな(笑)

受付を済まし、2家族分を余裕を持って設営できそうな場所を探し、あにが「ここにしよう!!」と決めたのは
ドッグランの裏のフリーサイト。

DSC_1579_convert_20170822123727.jpg

設営中からあにがやたらくしゃみをしていたのですが、そういえばあには動物アレルギー(笑)
犬の毛がサイト一帯に漂っていたのでしょうかwww

自分でここに決めたんだからね・・・


DSC_1582_convert_20170822123809.jpg

ファミリーテント×2

スクリーンテント×1

ソロテント×2

という布陣で設営完了っ!!


DSC_1593_convert_20170822123844.jpg

一日目は残念ながら雨となってしまい、キャンプ場の東屋にて焼肉をしました。

みんなスクリーンテントの中で焼肉して油で汚れるのは気にならないんでしょうかね??
(うちが貧乏症なだけか・・・)


DSC_1622_convert_20170822124103.jpg

DSC_1624_convert_20170822124127.jpg


キャンプ場の横にある剣淵温泉レークサイド桜岡のお風呂が利用できるので便利です。

朝風呂も5時~8時まで開放しているのでキャンプ泊でも衛生的に身なりを整えて出発することが
出来るのが良いですね。


翌日、8月15日(火)は旭川へ移動して子どもたちは科学館へ。

我々は秀岳荘へ行ったりキャンプ道具を取り扱うスポーツ用品店へ行ったり。
その後東川のモンベルへ行ったりとキャンプ中心の活動。


DSC_1615_convert_20170822123956.jpg

DSC_1619_convert_20170822124030.jpg

観光らしい場所といったら塩狩峠へ寄ったくらいか・・・


8月16日(水)も観光なしで撤収から一気に帰ってきてしまいました。
翌日から仕事&学校だったので無難な選択。


というわけで、キャンプメインの旅だったので報告するような活動もなく、これにて今年の
お盆の活動終了です。



Category : その他の活動
Posted by バル1400 on  | 4 comments  0 trackback