MotorCycle Diary And More | 『ZZR1400』 『XR250』 と暮らす日々の日記

ZZRの乗り出し整備完了

DSC_2766_convert_20180420085549.jpg

今シーズンは、お一人オンロードバイク仲間が増えたので出番も早かろう多かろうというわけでいつでも
誘われたらツーリングへ行けるよう準備をしてしまいました。


DSC_2768_convert_20180420085638.jpg

ネプロスのラチェット、使ってしまうと今までのノーマルKTCには戻れない使いやすさです。




DSC_2763_convert_20180420085523.jpg

バッテリー端子がサルフェーションしてないかチェックしましたが大丈夫そうなので外さないで潤滑剤を吹いて
おいて終了。


DSC_2764_convert_20180420085537.jpg

DSC_2767_convert_20180420085606.jpg

リザーブタンク内のクーラントが少し減っていたのでアッパーラインまで補充。


DSC_2770_convert_20180420085707.jpg

エアクリはなかなか汚かった。


DSC_2789_convert_20180420090056.jpg

DSC_2790_convert_20180420090121.jpg

クリーナーで清掃してゴミを取り除き、水洗いして乾燥させ、フィルターオイルを塗って完了。
クリーナーのポンプが死んでしまったので霧吹きに中身を移して使用。

まだ残量があるものの数年が経っているのでそろそろ新しいのを買っても良いかもね。


DSC_2773_convert_20180420085821.jpg

DSC_2775_convert_20180420085845.jpg

クラッチのフルード交換。
結構汚かった。


DSC_2776_convert_20180420085906.jpg

DSC_2779_convert_20180420085950.jpg

フロントは写真撮り忘れたけど、ブレーキはまあまあといった感じ。
でも、もちろんですが前後交換します。


DSC_2781_convert_20180420090008.jpg

DSC_2782_convert_20180420090035.jpg

フロントは4POTのダブルなので面倒ですが自分の命に関わりますからしっかり清掃&シリコングリースで
ピストンとピンの動きを円滑にしてやる。

スプリングの写真は清掃前と清掃済。
こうやって見てしまうとノンメンテのバイクなんて怖くて乗れませんね。



DSC_2792_convert_20180420090135.jpg

ブレーキの確認の為に組みあがってから、30分くらい試走してくましたが問題なし。
外気温5℃なのでさすがに寒かったものの久しぶりに乗るとやっぱり楽しい!!



さあ、これでいつでも走りにいけますよー!!





スポンサーサイト
Posted by バル1400 on  | 3 comments  0 trackback

またしても帰ってきたクーラント漏れ

3月30日(金)の話。

その週末は札幌へ行く為、動く予定のないFIAT500をガレージへ収納してやることにしました。
ついでにバッテリーにオプティメイトでも繋いでやろうとボンネットを開けたら愕然・・・


DSC_2742_convert_20180412173155.jpg

またしてもクーラント漏れてまんがな・・・

前回ホースバンドを交換し、しばらくは定期的に様子を見ていたのですがタンク内の量は安定していた為
すっかり安心しきってたんだけどなぁ。


DSC_2741_convert_20180412173144.jpg

漏れているであろう箇所が確認出来るのは前回と同じ場所なので、これはホースの劣化かね。

あとFIAT500はエンジンの種類が何であれ、サーモスタットからのクーラント漏れが有名(定番)なので、
ホースを交換する工程までバラすならついでにサーモスタットも交換しちゃった方が安心と判断して一緒に
注文しちゃいました。


代車を借りて待つこと1週間ちょっとですべての作業が終了。


DSC_2755_convert_20180412173208.jpg

DSC_2757_convert_20180412173219.jpg

ラジエターホースは見るからに激しい劣化とまではいかなかったものの、6年目のイタリア車なので交換
しておいた方が間違いないでしょう。


DSC_2758_convert_20180412173232.jpg

DSC_2759_convert_20180412173246.jpg

そしてサーモスタットなのですが、今回の漏れ事件はこっちが原因だったのではないかと思われます。
ホースの接続部分は密閉性が低下していただろうなと思うくらい腐食が確認出来ました。



b9f77d1c_convert_20180412182413.jpg

これは拾い画像ですが、このように純正品でもパイプ部分がアルミ製に変更されていたそうです。
(ここから漏れるトラブルがめっちゃ多かったということの裏付けですね)

実際、太い方もアルミに変更となっている方も、どちらも怪しかったらしいですし・・・



DSC_2762_convert_20180412173312.jpg

少々お高いけどスーパーLLCを投入してやり、

「どうかこれでしばらくはお漏らしませんように!!」

とお祈りをして終了。全部で約28,000円の出費となりましたm(__)m



Posted by バル1400 on  | 5 comments  0 trackback

ONJAがやってきた

DSC_2473_convert_20180306100326.jpg

プリムス オンジャがやってきました。

DSC_2475_convert_20180306100336.jpg

毎年恒例となってますが、お誕生日プレゼントで「あに」が送ってくれました!!

ソロ以外のキャンプで使うガスのストーブを持っていなかったのでオンジャ欲しいなぁなんて
以前に話してたのを覚えていたみたいです。


ファッション性が高い反面、汚れることに抵抗が出そうなので湯煎専用になりそうな予感も・・・

ガソリンのツーバーナーは持ってるので、あくまでライトキャンプ&補助的にお湯を沸かす際に活用
することが多そうか。


DSC_2476_convert_20180306100405.jpg

DSC_2478_convert_20180306100511.jpg

OD缶を2個装着すれば同時に使用が可能。


DSC_2477_convert_20180306100441.jpg

持ち運びの際のゴトク保護用のボードは鍋敷きとしても使用可能だそうです。



DSC_2479_convert_20180306100543.jpg

DSC_2480_convert_20180306100607.jpg

持ち運びしやすいように肩掛けが付いております。


デイキャンプや焚火のお供なんかでも使えるんじゃないでしょうかね。
まあ、ホントにやるのか??って話ではありますけどwww


今週末も予定がある為、4月に入ってからがようやくキャンプへ行けそうです。
(もはや雪中キャンプとは言えない)


Category : その他の活動
Posted by バル1400 on  | 4 comments  0 trackback

カングーのオーディオでBluetoothを使用したい

sdhc_convert_20180311172231.jpg

スマホ用にmicroSDHCの128GBが欲しかったものの、まだまだそれなりに価格が高いので我慢してたのですが、
amazonのタイムセールで少しお安くなっていたのでついつい購入してしまいました。


DSC04643_convert_20180311171817.jpg

SDの容量余裕がたっぷりになったので、iTunesの音楽データをスマホへコピペしてやって無事にお引越し完了。

それにしてもこのiPod Classicはもう何年使っただろうか。すでに生産は終了してしまったものの
自分のように音楽データを大量に持ち運びたい者にとっては120GBという容量はホントに心強い存在でした。

とはいえ、Classicもまだ使いますけどね!!


DSC_2493_convert_20180311171643.jpg

スマホに音楽データを入れたことによって仕事で使っているプリウスでも手軽に音楽が聴けるようになりました。
しかし、このような便利な環境に慣れてくるとやはり欲が出てきてしまうものです。



DSC_2505_convert_20180311171746.jpg

カングーではいまだ、このようにアナログな方法で音楽を聴いているのです。
自家用車より仕事の車の方が便利さが上っていうのもなんとなく悲しい・・・

ステレオケーブルとiPodの充電ケーブル、そしてスマホの充電ケーブルと、遠出をする際には助手席が配線で
ごちゃごちゃになってしまい、はっきりって不便なんですよね。



過去記事にて書きましたが現行のカングー純正オーディオにはBluetoothが付いているものの、うちの型には
付けることが出来ませんでした。

社外のオーディオを付けることも出来るようですが、ハンドル横にあるサテライトスイッチが使えなくなるのも
馴れてしまった今となっては不便に感じるのでそれは避けたい。

そんな訳でこの環境でBluetoothを使えるようにする良い方法がないか調べていた所、良い物を発見しました。



DSC_2497_convert_20180311171700.jpg

DSC_2498_convert_20180311171713.jpg

AUKEY Bluetoothレシーバー オーディオレシーバー

使ってみてダメだったとしても諦めが付くくらいの安さなので購入してみました。


DSC_2500_convert_20180311171730.jpg

USBで電源を取るのですが、Gorilla用にシガソケを取りまわしてもらっていたのでもっていた増設ソケットを
使って対応。


DSC_2508_convert_20180311171802.jpg

配線類をすべてダッシュボード上で処理できたので取りあえずはスッキリさせられたかと。

肝心の使い勝手なのですが、このレシーバーは内蔵バッテリーが付いている為エンジンをオフにしても
動き続けてしまうので、車の乗り降りの際にレシーバー本体の電源を入り切りする必要があります。

スマホ側の音楽も当然手動で再生・停止が必要になります。


プリウスだとエンジンを止めるとスマホの音楽も勝手に停止になり、エンジンを掛けると自動で再生になるので
やはり専用のオーディオには便利さで負けてしまいますが、それでも今までと比べたら圧倒的に楽になりました。



音も素人的にはノイズや音飛びなどもなく、全く問題なく使用出来そうです。
AUXに接続するケーブルも写真のケーブル以外にステレオミニプラグも付いてきますし、お値段の割に親切。

最近の国産車ならこんな物必要ないでしょうが、変な車に乗ってる人にはおススメかなwww










Category : カングー
Posted by バル1400 on  | 2 comments  0 trackback

ユキオス雪押せなくなる

今シーズン、除雪機よりユキオスの方が出番が多かったのですが、3月頭に降った雪の除雪作業を
していた途中から、ユキオスが不調になってしまいました。

アイドリングは正常なのですが走ると加速が安定せず、雪を押すほどのパワーが出なくなってしまい
ハンチング(今回覚えた的確な表現!!)して、とても使えるような状態ではなくなってしまいました。

プラグ清掃、ガソリン残量などを確認したものの症状は改善されないので買ったバイク屋まで持って行くことに。


DSC_2467_convert_20180306100242.jpg

数日前まで隊長の軽トラがあったのですがタイミング悪くなくなってしまったのでカングーに積載。

積めるんだけど、車内が汚れないようにブルーシートを敷いたり、ラダーでバンパーや車内が凹んだり
傷付かないよう保護したりと面倒。


無事にバイク屋へ到着したものの、ユキオスを降ろした直後に強い風でリアドアのロックがキャンセル
されてしまいラダーに思いっきりヒット・・・

幸い目立つほど凹んだりはしなかったものの、やはりこういう作業にカングー使うのは忍びないなぁ。


DSC_2470_convert_20180306100307.jpg

DSC_2471_convert_20180306100317.jpg

症状を話すとハンチングしてるってことはほぼキャブの詰まりが原因だと言われ、すぐにキャブ清掃。

ホンダにしてもヤマハにしても、小型の物はどうしてもジェットが詰まりやすいらしいです。
割とメジャーな症状らしいです。

清掃をして組み上げると症状はばっちり改善されておりました。
今度からは頻繁にフロート室下部に付いているドレンボルトからガソリンを抜いてやることにしましょう。


作業後、帰りはバイク屋の軽トラを借りてユキオスを運びましたwww

Posted by バル1400 on  | 4 comments  0 trackback