FC2ブログ

MotorCycle Diary And More | 『ZZR1400』 『XR250』 と暮らす日々の日記

大寒波なのに車中泊の旅へ!!

北海道に過去最強クラスの寒気が入り込んでいた2月9日(土)にわざわざ過酷な旅へと出発しました。


DSC_3898_convert_20190214112250.jpg

午前10時、本別の辺りでの外気温はマイナス20℃!!
車内はヒーターを付けてるし、ジャンバー着用なのにどことなく寒いような気がする・・・

さすが大寒波だなぁと感心しながら道中を進みます。


DSC_3901_convert_20190214112329.jpg

天気予報通り十勝は晴天。


DSC_3903_convert_20190214112343.jpg

トマム~占冠の日高山脈越えは若干の雪となりましたが、走行には全く問題なし。


DSC_3906_convert_20190214112440.jpg

DSC_3907_convert_20190214112459.jpg

2りんかんにて昨シーズンまでホルヘ君が使用してしたモンスターエナジーヴァージョンを見る。
今シーズンからレプソルホンダに移籍した関係でレッドブルになっちゃうし買うなら今か?w

いやいや、予算オーバーだ!!


DSC_3923_convert_20190214112614.jpg

用品を堪能したあとは、実車を堪能するべくイーグルへ移動。

メインバイクの入替えもたまに考えたりしているけど、所有しているバイクのスペック的には特に不満がなく
現実的なのはミニバイクの増車の方だったりして。

お目当てのクロスカブ110とモンキー125を確認し満足してこちらも任務完了。
またまた移動してチンクを購入したディーラーへ行き、事前に注文しておいたダストブーツを受け取ります。


DSC_3976_convert_20190215180718.jpg

ダストブーツを受け取りついでに店内を徘徊。



DSC_3915_convert_20190214112541.jpg

DSC_3913_convert_20190214112515.jpg

担当の営業さんにカングーを買ったことを悲しまれましたが、かなり気に入ってるんでしょうがない。
実際、ジュリエッタとフィアット500Xも候補には上がったけど荷物の積載量を思えば全く勝負にならないっす。

自分の使い方にあった車を買わないとあとから後悔しますよね。






札幌で一泊をし、10日(日)夕方、用事も終わって帰路へ。
とはいえ、、月曜日も祝日で休みなのでこのまままっすぐ帰る必もはなく、寄り道をしながら
帰ることにしました。

12号線を進み江別、岩見沢と走っていくと明らかに札幌より積雪が多い!!
アイスバーンでかなりスリリングな道路を進んでいくと、

DSC_3935_convert_20190214112644.jpg

三笠手前くらいから命の危険を感じるレベルの猛吹雪となってまった・・・

最悪の事態を想定して食料と水を確保するべく、ローカルコンビニでバカ高いカップラーメンと水を
購入しいつでもビバークできる準備を整えた途端に吹雪が止んでしまった。


DSC_3938_convert_20190214112701.jpg

桂沢湖の横を抜け、452号線を進んで山道を進んで行きます。
雪深い峠を走るのはこれまたスリリングですが一人だし走行している車も皆無なのでテンションアゲアゲで
走り抜けていきます。

カングーは冬道でも、とてもコントローラブルなんですよ。
滑ってものっそりと動くので余裕をもって対処できる(気がするので)走らせるのが楽しいです。

横滑り防止なんて当然付いてませんのでサイドを引けばデカイ車体をスライドして曲がっていけるので
これまた楽しい。
(かろうじてABSは付いてるw)

道道135号線へショートカットして更に山道を進み、純とシュウちゃんが行った島ノ下のモーテル横を抜けて
無事に本日の目的地に決めていた富良野市まで到着。


DSC_3945_convert_20190214112723.jpg

駅前のスーパーで買い出しをし、かなり昔に車中泊をした記憶のあるワインハウス下の河畔公園へ行ってみたものの
駐車場は除雪されていなかった為、残念ながら車中泊ならず。

市内をウロウロ徘徊し、結局たどり着いたのは、

DSC_3946_convert_20190214112746.jpg

日中は観光客で繁盛する富良野マルシェの駐車場。
すでに夜も遅いし、朝早く撤収すればまあ問題ないだろうと判断し、

Dp_gfS1UcAAZTGH_convert_20190215204825.jpg



DSC_3948_convert_20190214112811.jpg

車内が暖かいうちにお湯を沸かして水筒に入れておく。
当然ながら車内はしっかり換気してますのでご安心を!!


DSC_3954_convert_20190214112850.jpg

エンジンは停止してますので、持参したポータブルDVDプレイヤーにて旅猿を見ながらウィスキーお湯割りを
飲んでまったり。

しかし、寒さでバッテリーの消費がはやい!!

内蔵バッテリーを消費しきった後は、持参した車のバッテリーにカーインバーターを繋いで電力を供給して使用。
一泊二日くらいではなかなか出番がなかったけど、厳寒期でついに活躍しましたよ!!


<PM11時>

DSC_3959_convert_20190214112908.jpg

車内の温度もどんどんさがってきたのでシュラフに潜り込み就寝とします。

外からは雪深い地域らしく一晩中除雪車が道路や歩道の除雪をしている音が聞こえてきます。
除雪業者の皆さん、ご苦労さまです。ありがとうございます。では、おやすみなさい・・・



<AM3時>

DSC_3960_convert_20190214112936.jpg

寝る前にコンビニで排水を済ませて、ウィスキーも飲み過ぎないように気を付けたのにやはり尿意を感じて
目が覚めてしまった・・・涙

めんどくさいけどお漏らしでシュラフが使えなくなったらそれこそ死んでしまうのでノソノソとコンビニへ行き
やらしていただく。

店員も突然現れる謎の客に首をかしげる。


急いでシュラフの中へ戻り、シュラフのフードを被って潜り込んでしまえば無問題!!
高性能シュラフ様様!!



<AM6時~7時>

DSC_3963_convert_20190214112951.jpg

シュラフに完全に潜り込んで寝ると、息苦しくて無意識のうちに顔を出してしまうようで顔が強烈に冷えて
目が覚め、潜り込んではまた無意識のうちに顔を出して顔冷えるを繰り返す放射冷却モーニング。


AM7時30分くらいにはさすがに目が覚めて移動を開始しました。


DSC_3966_convert_20190214113028.jpg

八幡丘から麓郷へ。

冬の麓郷はあまり訪れたことがないので新鮮、その景色の中を走るだけで大満足。

そう!!とにかく一人で走ってるだけで、その時間が至福の時なんです。



DSC_3968_convert_20190214113047.jpg

ただただひたすら走り回ってトータル700km強。
(路肩の雪山に突っ込むことなく)無事に帰宅しました~


スポンサーサイト
Category : カングー
Posted by バル1400 on  | 1 comments  0 trackback

チンクのフロントショック交換

先月受けた車検の際に左フロントショックのオイルがダダ漏れして抜けきっていることが判明。
乗ってる本人に全く自覚がないのが恐ろしい・・・

しかし判明した以上はそのまま放置するわけにもいかないのでカングーのローター等と一緒に
購入することになってしまい痛い出費であります。


DSC_3833_convert_20190203200114.jpg

DSC_3831_convert_20190203200059.jpg

そもそも抜けてても気づかないようなオーナーですからビル足なぞ奢る必要は全く皆無なわけです。
簡単に手に入る範囲で一番リーズナブルだったモンローのショックを購入。

ショックを変えるなら左右同時が必須というわけで当然右も購入。

走行距離は4万キロしか走ってないものの、7年落ちとなったチンクなのであちこち交換が必要な時期に
突入てくるんかな。
(いや、この車は買ってから常に何かしら故障している気がするぞ!!)


DSC_3860_convert_20190203200152.jpg

サスペンションのトップへアクセスする為にワイパー辺りのカウルなどを外す。

プラスチックのクリップ等が数カ所破損したものの、もはやそんなものは日常茶飯事なので平常心。
なんとかやり過ごせる箇所だったので気にしないというイタリアンスピリッツで次の工程へ。


DSC_3866_convert_20190203200235.jpg

バネを縮める専用工具なんて持ち合わせていないので当然工場での作業です。
しかし、この車も普段使わないサイズのソケットが多数必要だったので自分の家での作業は無理でしたね。


DSC_3868_convert_20190203200253.jpg

プロが作業してますのでスムーズに進んでまずは右の交換が完了。



DSC_3873_convert_20190203200340.jpg

問題の左フロントのショックです。
漏れたオイルで汚れていた為に、右に比べると汚れも酷い。


そして、バラシてみると他にも問題が発生していることが発覚。

DSC_3876_convert_20190203200414.jpg

これは問題ない側のダストブーツの写真。


DSC_3877_convert_20190203204619.jpg

それに対して、抜けてしまっていた側はショックが付き上げたのが原因となったのか、写真上に見える白い
プラスチックカバーが粉砕しておりブーツも破れが発生してました。

当然新品のブーツは用意していなかった為、ブーツの破れを応急処置してそれを再利用することに。
春になってから新しいブーツに交換しようという事で、とりあえず今回はこのまま組み上げました。
(またすぐにショック外すのメンドくさいし・・・)


ちなみに、

1549191369104_convert_20190203200437.jpg

ブーツとプラスチック部品付きで手に入ることがわかったのですでに発注済です。





DSC_3858_convert_20190203200134.jpg

DSC_3871_convert_20190203200315.jpg

サスペンショントップが剥き出しの為、水が溜まって錆びてしまうチンク(こんな対策をしていた)

現行のチンクには対策のカバーが付いていることを知ったので今回ついでに取り寄せて装着。
専用品だけあってジャストフィットで満足だけど、ダストブーツも必要だと解っていたら一緒に取り寄せたのにな・・・



フロントのみとはいえ、ショックをリフレッシュしたチンク。
オーナー的には違いがイマイチ解らんのが残念ではありますが作業は無事終了。


Posted by バル1400 on  | 0 comments  0 trackback

カングーのローターとパッド交換

平日に必要なものは届いていたので、週末に交換作業を開始。


DSC_3814_convert_20190131191809.jpg

事前に必要な工具等を軽くリサーチしてたのですが、最近あまり作業をしていなかった為、イマイチピンと
来なかったようで実際作業を始めた途端、あらあら工具が全然足りないじゃないか・・・

パッドピンを外す際、共回りしてしまうのを抑えるために必要なスパナは薄いタイプの15mm

ピン自体は13mmなのでこっちは家にあるメガネレンチで大丈夫
(こっちは普通サイズでも大丈夫)

DSC_3816_convert_20190131185857.jpg

15mmを求め近所のホームセンターへ買いに行ったものの、薄いタイプのスパナなんて在庫があるわけもなく、
普通サイズを買っても、使えなかったら意味がないので困ったなーと。

というわけで、毎度お世話になっておりますバイク屋さんでちょっと工具のレンタル。


DSC_3817_convert_20190131185909.jpg

結論としては薄いタイプの15mmじゃなくてもちゃんと使えました。

キャリパーを固定している2本のボルトも18mmとあまり馴染みのないサイズ。
プラグ用のソケットで代用しましたが18mmのメガネがあった方が絶対楽だったと思います。


DSC_3826_convert_20190131185925.jpg

パッド自体は思ったほど減ってなかった気もするけどあの音とダストを思えば交換して正解でしょう。


DSC_3827_convert_20190131185935.jpg

DSC_3830_convert_20190131191820.jpg

いろいろと勘違いしていたこともあって実際はスムーズに作業が進行しなかったけど、とりあえず無事に
交換が終わりました。

作業後は真っ暗だったので翌日またタイヤを外して写真を撮影した為ローターには装着痕がついてますw


さて、パッドの両端にパッドグリスも塗ってありますが、今度は以前とは違う鳴きが発生してます!!
国産と違ってパッドにシムも付いていないのでまあ、しょうがないのかな。

交換前ほど不快なうるさい音ではない為、割り切って乗ってます。
はやく夏タイヤを履いて低ダストを実感したーい!

ブレーキのタッチはやはりマイルドになって,今までのガックンブレーキより個人的には全然操作しやすいです!!




DSC_3837_convert_20190131192906.jpg

雪のなか走って遊んだら、遊び終わった後に凍って大変でしたwww


Category : カングー
Posted by バル1400 on  | 2 comments  0 trackback

カングー ブレーキパッド&ローターが消耗

昨年末に無事戻ってきたカングー。

事故以前からフロントブレーキの鳴きがひどかったのですが、その症状が段々と悪化してて、今ではブレーキを
リリースした後もキーキーと音が出続けるようになってしまいました。

フロントタイヤを外して状態を見てみると、

DSC_3784_convert_20190123173839.jpg

パッドの減りもさることながら、ローターももう交換してやったほうが良さそうな状態。


今回もチンク同様に純正品での交換ではなくOEM品でen&co.で部品を取りました。


DSC_3802_convert_20190123173848.jpg

DSC_3803_convert_20190123173855.jpg

まあスポーツ走行するような車でもないので純正相当のローターと交換で十分でしょう。
個人的には、なんなら純正よりこっちの方が品質が良いんじゃないかと思ってるくらいです。


DSC_3804_convert_20190123173906.jpg

DSC_3806_convert_20190123173924.jpg

DSC_3807_convert_20190123173935.jpg

パッドは少し奮発して低ダストタイプにしてみました。
夏タイヤのホイールが白なので、毎度真っ黒になってしまうのが気になって仕方なかったんですよね。


チンクの時も交換後のブレーキタッチが国産車のような感覚になったので、おそらくではありますがこれも
純正のガックンブレーキよりマイルドになってくれるのではないかと思っています。


さて、交換は日曜日にでもやってみようかな。


Category : カングー
Posted by バル1400 on  | 0 comments  0 trackback

スマッシュヒット

ネタ不足の季節ではありますが、こういうネタはいらなかった。


DSC_3611_convert_20181121085946.jpg

DSC_3612_convert_20181121090025.jpg


嫁が運転していた最、停車してたら後方確認をまったくしないでバックしてきた車に突撃されたとのこと・・・

しかも敷地からバックで出てきて、一車線飛び越えて反対車線で停車していたカングーの運転席側に
ヒットしているって、どれだけ勢いよく後ろ見ないでバックしてきたのかと思うとぞっとしますわ。


ドアと、あと窓のレギュレーターも逝ってしまって窓が閉まらなくなってしまいました。


もちろん過失割合は100%相手方が悪いので相手の保険で修理となりますが、今はやりの通販型自動車保険に
加入しており、そこがまあ対応が悪い悪い。
(某電話会社の系列の保険会社・・・)


週末だったのもありますが、代車のレンタカー借りるところまでで3日もかかってもう疲れちゃいました涙


こんな話もあるので、地元の日産でドアが取れる時代はもうすぐそこなのか?笑


いやいや、今回のカルロス・ゴーン問題で計画自体が立ち消えか?・・・


なんにせよ、余計なトラブルであいむそーたいやーど。

Category : カングー
Posted by バル1400 on  | 2 comments  0 trackback